サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第一篇 短歌
    • 短歌論・序説−自己表現に執した誠直な歌ひと−
    • 前期短歌の内面表出−『かろきねたみ』から『愛のなやみ』へ−
    • 『浴身』の自意識像−「われ」と「おのづから」の交感−
    • 『浴身』にみる自責と自己愛−石川啄木を合わせ鏡として−
    • 『わが最終歌集』と『深見草』の位置−歌風の変遷と貫流するもの−
    • 母から子への歌−『浴身』以降−
    • 「母子叙情」の短歌
    • 晶子とかの子−晩年の歌から−
  • 第二篇 小説
    • 「過去世」「家霊」−〈家〉を継ぐ女性−
    • 「老妓抄」−発明と家出の意味するもの−
    • 「鮨」−「時」を超える母の鮨−
    • 「生々流転」−「水の性」の在処−
    • 「女体開顕」ほか「遺作」考−モチーフの所在、一平加筆の可能性−
  • 第三篇 補説
    • 「鶴は病みき」「巴里祭」「鮨」「やがて五月に」−小論四篇−
    • かの子文学と〈京都〉−旅の所産と古典受容から−
    • 岡本かの子の人物印象