サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

意図的抑止による忘却機構

意図的抑止による忘却機構

  • 堀田 千絵(著)
  • 第1章 序論
    • 第1節 忘却研究の歴史的背景
    • 第2節 本研究の位置づけ
    • 第3節 他領域との関連
    • 第4節 本研究の構成
  • 第2章 忘却研究の理論的背景と問題の所在
    • 第1節 忘却機構に関する従来の理論
    • 第2節 問題の所在と本研究の目的
  • 第3章 意図的抑止による忘却課題の開発
    • 第1節 研究Ⅰ:修正Think/No‐Think課題の開発
    • 第2節 研究Ⅰの総合考察
  • 第4章 直接抑止説の適切性の検証
    • 第1節 研究Ⅱ:独立手がかり法における意図的抑止による忘却効果
    • 第2節 研究Ⅱの総合考察
  • 第5章 意図的抑止による忘却の個人差
    • 第1節 先行研究
    • 第2節 研究Ⅲ:日々の思考抑制失敗傾向と代替思考方略が記憶の意図的抑止による忘却に与える影響
    • 第3節 研究Ⅳ:解離特性と抑止方略が記憶の意図的抑止による忘却に与える影響
    • 第4節 第5章の総合考察
  • 第6章 意図的抑止による忘却の持続効果
    • 第1節 忘却の時間的持続についての先行研究
    • 第2節 研究Ⅴ:代替思考の使用が忘却の持続効果に及ぼす影響
    • 第3節 研究Ⅴの総合考察
    • 第4節 修正モデルⅡの提案
  • 第7章 意図的抑止努力の問題
    • 第1節 研究Ⅵ:意図的抑止努力と抑止方略の相互作用が忘却の持続効果に及ぼす影響
    • 第2節 研究Ⅵの総合考察
    • 第3節 意図的抑止による忘却機構Ⅲの構築
  • 第8章 結論
    • 第1節 本研究の問題と目的
    • 第2節 研究結果の総括
    • 第3節 意図的抑止による忘却機構の修正モデルⅢ
    • 第4節 本研究の意義
    • 第5節 展望