サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 序章 国際開発協力の国際政治学的アプローチ
    • 1.国際政治学的視点の必要性
    • 2.国際規範アプローチ
    • 3.規範主導国アメリカ
    • 4.制度的粘着性の増大
    • 5.本書の構成
  • 第1章 国際開発規範
    • 1.国際規範
    • 2.2つの規範起業家
    • 3.対極的な国際開発規範の循環的優越
    • 4.国際開発規範の実質的内面化
    • 5.アメリカと国際開発規範
  • 第2章 規範主導国アメリカ
    • 1.国際規範に対する矛盾した態度
    • 2.貧困規範に対する例外的な態度
    • 3.貧困規範の実行体制の確立
  • 第3章 成長規範の拡散と国際開発庁の設立
    • 1.規範候補アイデアの誕生
    • 2.アメリカ政党対立が招いた規範の対立
    • 3.成長規範(資本投下)の制度的粘着性
  • 第4章 貧困規範の利用による国際開発庁の再生
    • 1.新たな規範候補アイデアの誕生
    • 2.成長規範(資本投下)体制の解体
    • 3.貧困規範(BHN)の制度的粘着性
  • 第5章 G・W・ブッシュ政権を制約する貧困規範
    • 1.新たな規範候補アイデアの誕生
    • 2.G・W・ブッシュ政権による貧困規範(目標)の利用
    • 3.貧困規範(目標)の実質的内面化へ
  • 終章 国際開発協力研究の発展に向けて
    • 1.制度的粘着性の高い貧困規範(BHN)の確立
    • 2.国際開発協力進展におけるアメリカの功罪
    • 3.国際開発規範の「実質的」内面化と国際規範の拘束性
    • 4.国際規範の制度化と国際協力の進展