サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 第一章 〈日本禅宗〉の視角
    • 一 鎌倉期禅宗史
    • 二 鎌倉仏教論
    • 三 鎌倉仏教と本覚思想
    • 四 〈道元禅〉の展開と特質
    • 五 本書の視点
  • 第二章 禅宗の動向と道元・円爾、および〈道元門下〉の事蹟
    • 一 平安期までの禅宗と〈宋朝禅〉
    • 二 道元の事蹟
    • 三 円爾弁円の事蹟
    • 四 〈道元門下〉の動向
  • 第三章 道元における〈宋朝禅〉批判の構造
    • はじめに−寛元元年・京洛
    • 一 問題の所在
    • 二 道元による〈宋朝禅〉批判の構造
    • おわりに
  • 第四章 道元の霊知批判と円爾の霊知説
    • はじめに
    • 一 道元における〈霊知〉批判
    • 二 円爾における〈仏心宗〉と〈霊知〉説
    • おわりに
  • 第五章 円爾弁田と鎌倉後半期の禅宗
    • はじめに−円爾弁円の歴史的性格
    • 一 『渓嵐拾葉集』における円爾弁円評について
    • 二 『野守鏡』における禅宗批判について
    • 三 禅宗衰仏論−亡国の仏教
    • おわりに
  • 第六章 『正法眼蔵聞書抄』と〈日本禅宗〉
    • はじめに
    • 一 『正法眼蔵』の編纂史と注釈史について
    • 二 『聞書』の立脚地
    • 三 『妙』の立脚地
    • 四 『正法眼蔵聞書抄』における円爾・蘭渓批判の意義
    • おわりに