サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

電気回路・システム特論

電気回路・システム特論

  • 斎藤 正男(著)
  • 1.基本的事項
    • 1.1 洞察力が必要
    • 1.2 システムとは
    • 1.3 電気回路は共通言語
    • 1.4 理想化とモデル
    • 1.5 素子の定義
    • 1.6 素子・システムの分類
  • 2.大局的性質と分類
    • 2.1 線形性
    • 2.2 時変と時不変
    • 2.3 集中定数と分布定数
    • 2.4 受動性と能動性
    • 2.5 無損失性
    • 2.6 相反性
    • 2.7 閉じた性質
  • 3.システムのモデリング
    • 3.1 アナロジー
    • 3.2 物理的法則の対応
    • 3.3 空間構造の保存
    • 3.4 さまざまな制約
    • 3.5 システム方程式
    • 3.6 解の存在と一意性
    • 3.7 状態方程式
  • 4.固有振動と安定性
    • 4.1 解法と解釈
    • 4.2 固有振動
    • 4.3 安定性の基本概念
    • 4.4 フルビッツ多項式
    • 4.5 固有振動の数
    • 4.6 隠された固有振動
  • 5.システムの複雑さ
    • 5.1 空間構造
    • 5.2 木と補木
    • 5.3 回路方程式との関係
    • 5.4 回路関数の複雑さ
    • 5.5 次数の拡張
  • 6.受動システム
    • 6.1 受動性と安定性
    • 6.2 実部の正値性
    • 6.3 正実関数
    • 6.4 虚軸上の極
    • 6.5 虚軸に近い極
    • 6.6 正実関数の偶関数部
    • 6.7 正実行列
    • 6.8 正実関数の実現問題
  • 7.2種素子システム
    • 7.1 無損失システム
    • 7.2 リアクタンス回路の構成
    • 7.3 リアクタンス関数の性質
    • 7.4 フルビッツ多項式とリアクタンス関数
    • 7.5 抵抗終端リアクタンス回路
    • 7.6 リアクタンス回路と伝送零点
    • 7.7 RC回路網と共通帰線
    • 7.8 RC回路網の基本的性質
    • 7.9 RC伝達関数の性質
    • 7.10 梯子形回路の拡張
    • 7.11 変圧器なし共通帰線の問題
  • 8.波動の概念
    • 8.1 入射波・反射波
    • 8.2 定義の変更
    • 8.3 s関数
    • 8.4 S行列への拡張
    • 8.5 伝達回数の構成
    • 8.6 伝達関数の実現可能性
    • 8.7 システムの表現可能性
  • 9.能動システム
    • 9.1 能動性の概念
    • 9.2 エネルギー発生の原理
    • 9.3 エネルギー変換
    • 9.4 能動回路の解析
    • 9.5 フィードバック
    • 9.6 回路関数の修飾
    • 9.7 能動性と解の存在
    • 9.8 ヌレータとノレータ
    • 9.9 適度,過大,過小独立
    • 9.10 方程式との関係
  • 10.非相反システムと信号線図
    • 10.1 相反システム
    • 10.2 能動非相反システム
    • 10.3 受動非相反システム
    • 10.4 一方向性の表現
    • 10.5 信号線図の作成
    • 10.6 信号線図の解析
    • 10.7 伝達関数の公式
    • 10.8 信号線図についての注意
  • 11.安定な関数
    • 11.1 安定性の判定
    • 11.2 開ループによる判定
    • 11.3 還送差による判定
    • 11.4 ナイキストの判定法
    • 11.5 1次関数の軌跡
    • 11.6 実部と虚部
    • 11.7 振幅再特性と位相特性
  • 12.時変システム
    • 12.1 多周波数成分
    • 12.2 正弦波の複素数表示
    • 12.3 時変システムの計算
    • 12.4 周波数変換と能動性
    • 12.5 不連続な変化
  • 13.非線形システムの動作
    • 13.1 状態方程式による解析
    • 13.2 整流素子
    • 13.3 位相面
    • 13.4 位相面解析の例
    • 13.5 過度の簡単化
    • 13.6 定常波形の近似計算
    • 13.7 振動の立上り