サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

古今集小町歌生成原論

古今集小町歌生成原論

  • 大塚 英子(著)
  • 第一章 小町の夢・鶯鶯の夢
    • 一 前三首と「夢てふもの」の発見
    • 二 後三首と「夢路」の発明
    • 三 夢の歌六首と『鶯鶯伝』
  • 第二章 「あはれてふこと」の成立
    • 一 「ことぞともなくあけぬるものを」と『鶯鶯伝』
    • 二 「あはれてふこと」の成立
    • 三 「あはれ」と「憂し」の相関
    • 四 「あはれ」と仏教語としての「哀哉」
    • 五 「今生世俗文字の業」
    • 付説 「あはれなり」
  • 第三章 「花の色」と「たのみ」(一)
    • 一 「花の色」と「たのみ」の享受史
    • 二 「【ショウ】穀」喩について
    • 三 「【ショウ】穀」喩と「たのみ」
    • 四 「あき(秋・飽=厭き)風にあふたのみ」
    • 五 「たのみ」と「仏を憑む」こと
    • 六 「たのみ(田の実・頼=憑み)」から歌語「たのみ」へ
  • 第四章 「花の色」と「たのみ」(二)
    • 一 白居易における「浮生」観
    • 二 「世に経」について
    • 三 「世に経」は小町の「浮生」観を表す
    • 四 「艶色即空花」とa歌の構造
    • 五 「いたづらに」の析出する仏教的世界観
    • 六 「花の色」と「艶色即空花」
  • 第五章 小野小町における掛詞生成試論
    • 一 「身をうき草」と白詩「九江春望」
    • 二 小町にはじまる「身を憂」
    • 三 掛詞「う(浮・憂)き」の成立
    • 四 「う(浮・憂)き世」の生成
    • 五 惟喬出家と「浮き世」
    • 六 「うき世」は掛詞か
    • 付説1 平安朝和歌における掛詞
    • 付説2 「浮生」と「浮世」
  • 第六章 「思ひ(火)おき(熾)て」考
    • 一 和語「おき」と漢語「熾」の意味
    • 二 「熾の居て」という状況
    • 三 小町a・b歌の発生前史
    • 四 『法苑珠林』による仏教的世界と愛欲
    • 五 「飛蛾投火」喩から「夏虫」の喩まで
    • 六 「思ひ(火)」という日本的発想の力と「おき(熾)」
    • 七 「おき(熾)」の背後にある仏教的イメージ
  • 第七章 白玉問答のゆくえ
    • 一 恋の問答歌として
    • 二 遍昭との問答歌の場合
    • 三 「真静法師」は真済(真言宗)か
    • 四 真済と「下つ出雲寺」
    • 五 清行歌における「白玉」
    • 六 小町歌の「おろかなる」
    • 七 疎かなる涙の「白玉」から、愚かなる涙の「たぎつ瀬」へ
    • 八 涙の「たぎつ瀬」から「涙川」へ
    • 九 良香における「涙川」生成の環境
    • 十 清和朝内裏における小町と良香
    • 十一 白玉問答のゆくえ
  • 第八章 「今は(あきはつ)」考
    • 一 「秋果つ」と「飽=厭き果つ」のあとさき
    • 二 「あきはつ」の語源論(1)
    • 三 「あきはつ」の語源論(2)
    • 四 「あきはつ」の語源論(3)
    • 五 「あきはつ」の意味論
    • 六 「あきはつ」の主題論的考察
    • 七 結び「今は(あきはつ)」
  • 第九章 「みるめなき」と「うらみむ」の間
    • 一 掛詞「みるめ(海松布・見る目)」の成立と「みるめなき」
    • 二 「みるめなき浦」と「わが身を憂」
    • 三 「うら(浦・憂〈ら〉)」から「うらみ(浦見・怨み)む」へ
    • 四 「みるめなき浦」と「うらみ(浦見・怨み)む」の影響
    • 五 極限の恋歌
    • 六 平安朝女歌の形成
    • 七 貫之・定家を通して究極の小町へ
  • 第十章 「世の中の人の心の花」の色をめぐって
    • 一 かな文字と小町−「て」−
    • 二 『古今集』と「で」
    • 三 「で」の考古学
    • 四 「で」の考現学
    • 五 古注における「いろみえて」の理解
    • 六 小町歌に至る発想の二つの系譜
    • 七 「花の色は」から「世の中の人の心」の花の色へ
    • 八 「世の中の人の心」の花の色は
    • 九 古今歌における「いろみえて」の波紋
    • 十 「貫之集」における「世の中の人の心」問答
  • 終章 古今集小町歌の成立