サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序 高度な近代社会では基礎化学が必要である
    • 1.物質の利便性と危険性
    • 2.正確な値と数式の必要性
    • 3.環境問題での化学の必要性
  • Ⅰ部 原子の世界をのぞいてみよう
  • 1章 原子核と電子
    • 1.1 原子の構造
    • 1.2 原子のサイズと重さ
    • 1.3 電子の運動とエネルギー
    • 1.4 原子のスペクトル線とエネルギー準位
    • 1.5 原子のエネルギー準位と電子軌道
  • 2章 元素の周期律と電子配置
    • 2.1 原子の電子配置
    • 2.2 不対電子の活性
    • 2.3 電子配置と周期律
    • 2.4 周期律表
    • 2.5 原子価(化学結合の手の数)
    • 2.6 イオン化ポテンシャルと電子親和力
    • 2.7 代表的な原子
  • 3章 電子の軌道と波動関数
    • 3.1 電子の軌道と波動関数
    • 3.2 球面極座標
    • 3.3 球面極座標を使った波動関数
    • 3.4 炭素原子の混成軌道
  • Ⅱ部 分子の性質はなぜ違うのだろう
  • 4章 化学結合のしくみ
    • 4.1 化学結合
    • 4.2 共有結合のメカニズム
    • 4.3 s軌道とp軌道の共有結合
    • 4.4 p軌道とp軌道の共有結合
    • 4.5 二重結合と三重結合
    • 4.6 化学結合のポテンシャルエネルギー
  • 5章 分子の形
    • 5.1 H2Oは二等辺三角形
    • 5.2 NH3は正三角錐
    • 5.3 CH4は正四面体
    • 5.4 H3C−CH3には2つの形
    • 5.5 H2C=CH2は前後上下左右対称
    • 5.6 H2C=CH−HC=CH2には2つの形
    • 5.7 C6H6は正六角形
  • 6章 分子の振動と回転
    • 6.1 原子核の運動
    • 6.2 並進
    • 6.3 振動
    • 6.4 二原子分子の振動
    • 6.5 エチレン分子の基準振動
    • 6.6 CO2の振動と赤外線吸収
    • 6.7 回転
    • 6.8 H2O分子の回転
  • Ⅲ部 物質の状態を調べてみよう
  • 7章 気体の性質
    • 7.1 気体物質のモデル
    • 7.2 ボイル−シャルルの法則
    • 7.3 気体分子の衝突
  • 8章 液体の性質
    • 8.1 液体物質のモデル
    • 8.2 液体物質の密度
    • 8.3 分子どうしの引き合う力
    • 8.4 液体の粘度と形の変わりやすさ
    • 8.5 溶液と溶解度
    • 8.6 水溶液中でのイオンの生成(酸性,アルカリ性)
    • 8.7 ペーハー(pH)値
  • 9章 固体の性質
    • 9.1 固体物質の構造
    • 9.2 結晶の構造
    • 9.3 分子性結晶
    • 9.4 非晶質
    • 9.5 固体の物性
    • 9.6 液晶
  • Ⅳ部 物質はどのように変化するのだろう
  • 10章 状態変化
    • 10.1 三態の間の変化
    • 10.2 融解と沸騰と昇華
    • 10.3 乱雑さと均一化
    • 10.4 エントロピー
    • 10.5 ボルツマン分布
  • 11章 化学反応
    • 11.1 化学反応の種類
    • 11.2 化学反応とエネルギー
    • 11.3 化学反応の速さ
    • 11.4 単分子反応と二分子反応の進み方
    • 11.5 触媒
    • 11.6 身近で重要な化学反応
  • 12章 化学平衡
    • 12.1 可逆過程と不可逆過程
    • 12.2 ル・シャトリエの法則
    • 12.3 気液平衡
    • 12.4 酸塩基平衡