サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

目次

  • 第1章 環境問題と科学の自律性
    • 1.1 環境リスク論,予防原則,参加型意思決定
    • 1.2 科学社会学とは何か
    • 1.3 自律性と批判的役割に関する四つの立場
    • 1.4 科学社会学から見た科学の自律性
    • 1.5 既定方針に対する批判
    • 1.6 本書の課題
  • 第2章 環境問題の科学社会学の構想
    • 2.1 環境社会学と環境問題を扱った科学社会学の限界
    • 2.2 「科学の自律性」と「社会問題のなかでの科学」の乖離
    • 2.3 科学と社会の相互作用
    • 2.4 行政・社会運動・科学の三セクターモデル
    • 2.5 科学委託
    • 2.6 批判的科学ネットワーク
    • 2.7 問題フレームの共用
    • 2.8 研究動機と専門志向/争点志向
    • 2.9 科学の制度化
    • 2.10 事例と資料
    • 2.11 本章のまとめ
  • 第3章 環境問題における科学委託
    • 3.1 科学委託と科学的知見の蓄積
    • 3.2 イタイイタイ病・熊本水俣病・四日市喘息問題における科学委託
    • 3.3 科学委託の諸類型
    • 3.4 科学委託の社会的影響
    • 3.5 考察
  • 第4章 イタイイタイ病問題と科学委託の社会的文脈
    • 4.1 研究動機ととりまとめ
    • 4.2 イタイイタイ病問題の特徴
    • 4.3 イタイイタイ病問題における知見蓄積
    • 4.4 社会の沈黙と科学の無関心
    • 4.5 河野調査の波紋と臨床研究の進展
    • 4.6 鉱害説成立の背景とその影響
    • 4.7 合同研究班における科学と社会
    • 4.8 確定調査とその後
    • 4.9 考察
  • 第5章 長良川河口堰問題における批判的科学ネットワーク
    • 5.1 環境問題における科学と社会運動
    • 5.2 批判的科学ネットワークと専門/争点への限定
    • 5.3 長良川河口堰問題の特徴
    • 5.4 第1期の科学委託:KST調査の限界
    • 5.5 第1期の批判的科学ネットワーク:科学への懐疑的な姿勢
    • 5.6 第1期と第2期を分けるもの
    • 5.7 第2期の科学委託:行政と運動側との対称的な対立構図
    • 5.8 第2期の批判的科学ネットワーク:研究と運動の重なり合い
    • 5.9 考察
  • 第6章 科学的対立と科学−社会間相互作用
    • 6.1 環境問題における科学的対立
    • 6.2 長良川河口堰問題の主な争点
    • 6.3 陸水学と社会
    • 6.4 河川工学と社会
    • 6.5 生態学と社会
    • 6.6 公共経済学と社会
    • 6.7 科学的対立と科学−社会間相互作用
    • 6.8 考察
  • 第7章 化学物質過敏症問題における問題フレームの共用
    • 7.1 化学物質過敏症とシックハウス症候群
    • 7.2 問題フレームの共用と不確実性
    • 7.3 環境運動の目的
    • 7.4 研究者グループの分類
    • 7.5 不確実性の生産
    • 7.6 化学物質過敏症の社会的認知
    • 7.7 科学の制度化と不確実性の縮小
    • 7.8 不確実性の消費
    • 7.9 考察
  • 第8章 科学と社会のあるべき関係をめぐって
    • 8.1 科学−社会間相互作用の段階
    • 8.2 メンバーの選び方と議論の進め方
    • 8.3 科学と市民参加の断絶を防ぐ
    • 8.4 フレーミングのずれと課題提起の回路
    • 8.5 科学と社会のあるべき関係をめぐって