サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

目次

軍記物語の機構

軍記物語の機構

  • 佐倉 由泰(著)
  • はじめに
  • 第一章 『将門記』の機構
    • 一 問題の所在
    • 二 『将門記』が捉える因果連鎖(一)
    • 三 『将門記』が捉える因果連鎖(二)
    • 四 『将門記』が捉える因果連鎖(三)
    • 五 『将門記』の特質
  • 第二章 『将門記』の記述を支えるもの
    • 一 問題の所在
    • 二 真名表記にかかわるリテラシーの系脈
    • 三 吏の文学としての『将門記』
    • 四 『将門記』の記述を支えるネットワーク
    • 五 『将門記』の世界観
    • 六 おわりに
  • 第三章 『陸奥話記』の機構
    • 一 問題の所在
    • 二 「将軍」創出
    • 三 「鎮定記」としての『陸奥話記』
    • 四 「征夷」の「記」としての『陸奥話記』
    • 五 『今昔物語集』巻第二十五第十三話の記述の性格
    • 六 『陸奥話記』の表現世界
    • 七 『陸奥話記』の「先駆」性
    • 八 『陸奥話記』の成立事情をめぐって
    • 九 おわりに
  • 第四章 『保元物語』の機構
    • 一 問題の所在
    • 二 半井本終盤部の不思議の記述
    • 三 地の文に見られる即発的な発話の累加
    • 四 登場人物の間の奇妙な発話の累加
    • 五 ストーリーを形成する発話の累加
    • 六 発話の累加が指向するもの
    • 七 中世軍記物語の表現の始発としての発話の累加
  • 第五章 『承久記』の機構
    • 一 問題の所在
    • 二 冒頭部の記述が提示するもの
    • 三 表現世界の人々を衝き動かすもの
    • 四 政治の動向を左右するもの
    • 五 歴史叙述として提示するもの
  • 第六章 『平治物語』の機構
    • 一 問題の所在
    • 二 冒頭部の記述が提示するもの
    • 三 藤原信頼の道化性が意味するもの
    • 四 藤原信頼の暴力性が意味するもの
    • 五 『平治物語』と平治の乱
    • 六 『平治物語』の表現世界とその形成
    • 七 おわりに
  • 第七章 『平家物語』の機構(一)
    • 一 問題の所在
    • 二 序の語りと平重盛の発話の権能
    • 三 年代記的叙述と日付表現「同」がもたらす語りの権能
    • 四 『平家物語』における〈人間〉と〈状況〉
  • 第八章 『平家物語』の機構(二)
    • 一 問題の所在
    • 二 語りと噂(一)
    • 三 語りと噂(二)
    • 四 語りと余情
    • 五 おわりに
  • 第九章 『平家物語』の機構(三)
    • 一 問題の所在
    • 二 隠される首
    • 三 広本の身体表象の過剰
    • 四 拭われた血
    • 五 因果応報の理と鎮魂の指向の中の身体
  • 第十章 『平家物語』の機構(四)
    • 一 問題の所在
    • 二 社会の中の宗盛
    • 三 集団の中の宗盛
    • 四 父としての宗盛
    • 五 宗盛の機能と類型性
  • 第十一章 『平家物語』の機構(五)
    • 一 問題の所在
    • 二 東国を巡る行家
    • 三 墨俣合戦における行家
    • 四 頼朝の許を出奔する行家
    • 五 行家の入京と出京
    • 六 室山合戦とその後の行家
    • 七 行家の最期
    • 八 『平家物語』における源行家の表象の意味
  • 第十二章 『太平記』の機構(一)
    • 一 問題の所在
    • 二 語り手の突出と孤絶化
    • 三 語り手の後退と〈事実〉の前景化
    • 四 〈記録〉の理念、〈事実〉の重さ
    • 五 語り手と〈事実〉との相関の行く方
  • 第十三章 『太平記』の機構(二)
    • 一 問題の所在
    • 二 伝聞表現「聞こゆ」、「とかや」、「承る」の機能と意味
    • 三 匿名の人の言動が担う機能と意味
    • 四 『太平記』の語りの機構
  • 第十四章 『太平記』の機構(三)
    • 一 問題の所在
    • 二 苛まれる身体
    • 三 障壁としての身体
    • 四 願望と絶望との相剋に支配された表現機構
  • 第十五章 『曾我物語』の機構
    • 一 問題の所在
    • 二 仮名本の「盃論」から考える
    • 三 仮名本の「切兼曾我」から考える
    • 四 曾我兄弟と親族
    • 五 曾我兄弟と「友」
    • 六 曾我兄弟と「傍輩」
    • 七 おわりに
  • 第十六章 『大塔物語』の記述を支えるもの
    • 一 問題の所在
    • 二 記述の枠組みとしての漢学
    • 三 真名表現のしくみと可能性
    • 四 軍記としての表現の様態と機能
    • 五 『大塔物語』と室町時代の文化、学問
  • 第十七章 『義経記』の機構
    • 一 問題の所在
    • 二 登場人物の恣意的言動
    • 三 表現行為の恣意性
    • 四 義経主従における〈見る/見られる〉意識
    • 五 弁慶の言動と視線をめぐる願望
    • 六 義経の言動と視線をめぐる願望
    • 七 表現世界における視線と芸能とのかかわり
    • 八 義経の最期の場面と視線をめぐる願望
    • 九 『義経記』の表現世界
  • おわりに