サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

ベトナムの考古・古代学

ベトナムの考古・古代学

  • 西村 昌也(著)
  • 第1章 北部ベトナムの地理的趨勢
    • 第1節 本書で言及する地理的範囲
    • 第2節 気候・植生
    • 第3節 紅河平野の地理概況
    • 第4節 紅河平野の地形分類と人文景観
    • 第5節 紅河平野周辺域の地理概況
  • 第2章 旧石器時代から続旧石器時代
    • 第1節 先史編年の枠組みについて
    • 第2節 段丘礫層やその周辺に現れる後期旧石器時代以前の石器群
    • 第3節 ランヴァック遺跡の調査から
    • 第4節 ホアビン石器群と同時期の石器群
    • 第5節 気候変動
    • 第6節 完新世ホアビン石器群について
    • 第7節 旧石器時代の紅河平野周辺域
    • 第8節 ホアビン石器群時代の生業と石器利用パターン
    • コラム1 ソムチャイ洞穴
  • 第3章 前期新石器時代
    • 第1節 新石器アセンブリッジの出現と海進問題
    • 第2節 最大海進期以前の開地遺跡
    • 第3節 最大海進の確定
    • 第4節 ダブット文化などの前期新石器アセンブリッジ:大規模貝塚形成の時代
    • コラム2 “文化”が多い?、少ない?
  • 第4章 後期新石器時代
    • 第1節 後期新石器時代のはじまり
    • 第2節 フングエン文化段階
    • 第3節 前期新石器から後期新石器時代の居住パターン変化
    • 第4節 後期新石器時代の利用環境と定住社会への移行
    • 第5節 マンバック遺跡の石器群と付随する問題
    • コラム3 先史墓葬アラカルト
    • コラム4 釜形土器の伝統
  • 第5章 金属器時代
    • 第1節 時期区分
    • 第2節 青銅器時代から鉄器時代にかけての居住パターン
    • 第3節 ダイチャック遺跡の研究
    • 第4節 北部ベトナム銅鼓の分布とその意味
    • コラム5 ドンソン遺跡とフィールドスクール
    • コラム6 ラオカイ青銅器群
    • コラム7 紅河平野の木棺墓遺跡とドンソン文化南域の石蓋墓葬
  • 第6章 コーロア城の研究
    • 第1節 マーチェー地点の銅鼓等青銅器資料について
    • 第2節 ソムニョイ地点出土の銅鼓等青銅器資料
    • 第3節 両地点の青銅器群の位置づけ
    • 第4節 バイメン地点の調査
    • 第5節 デン・トゥオン地点の調査
    • 第6節 瓦類について
    • 第7節 文献資料との対比
    • 第8節 終わりに
  • 第7章 初期歴史時代前期(紀元1世紀半ばから3世紀初頭)
    • 第1節 紀元1000年紀の編年枠設定のための基礎的課題
    • 第2節 紀元後1世紀から3世紀について:磚室墓資料を中心に
    • 第3節 1世紀から3世紀の居住パターン
    • 第4節 漢代の郡県制の空間について
    • 第5節 Ⅰ式ドンソン系中期銅鼓:銅鼓伝統の大変容期
  • 第8章 ルンケー城の研究
    • 第1節 文献史学からの理解
    • 第2節 これまでの考古学研究からの理解
    • 第3節 ルンケー城に関する近年の考古学的研究概況
    • 第4節 城塁の構造
    • 第5節 城郭内遺構の性格と城域の範囲
    • 第6節 城郭の存続時期について
    • 第7節 利用最終期について
    • 第8節 他城郭、土塁遺跡との比較
    • 第9節 中国遠隔域や東南アジア大陸部各地との関係を示す遺物
    • 第10節 ルンケー城は贏【ロウ】城ではなく龍編城
    • 第11節 交流の時代“2世紀−3世紀初頭”を体現するルンケー城
    • コラム8 バイノイ磚室墓
  • 第9章 初期歴史時代中期・後期素描
    • 第1節 3世紀半ばから10世紀初頭までの編年基礎資料
    • 第2節 4世紀から9世紀の遺跡分布パターン
    • 第3節 北部ベトナムと扶南あるいはメコン河下流域との交流
    • 第4節 紀元3世紀から9世紀頃の銅鼓
  • 第10章 タンロン城前史初探
    • 第1節 ホアンジウ通り18番地点D4−D6区からの問題認識
    • 第2節 前タンロン時代に相当する陶磁器資料群
    • 第3節 文献資料の再検討
    • 第4節 安南都護李元嘉の問題
    • 第5節 南詔侵攻時に多出する都護府の城郭記述
    • 第6節 高駢の大修築とその後
    • 第7節 “江西軍”磚の問題
    • 第8節 『大越史略』、『大越史記全書』の北属時代末期に独自の記述?
    • 第9節 結論
    • コラム9 ドゥオンサー窯址遺跡:北属期から独立王朝時代をまたぐ遺跡
  • 第11章 独立初期王朝時代から李・陳朝期
    • 第1節 11−15世紀の新開拓地
    • 第2節 紀元2000年紀前半の銅鼓とその分布
    • 第3節 10−14世紀の大型遺跡と建築文化:仏教とチャンパとの濃密な関係
    • 第4節 ベトナム集落の形成:ナムディン省バッコック集落と周辺域の考古学調査から
    • コラム10 大越の外港遺跡・雲屯(ヴァンドン)について
    • コラム11 胡朝城:ベトナムが達成した技術力の粋を表す都城
  • 第12章 胡朝・黎朝初期(15世紀)以降
    • 第1節 ベトナム集落の形成:キムラン、川べり手工業専業集落の考古学・歴史地理学からの理解
    • 第2節 北部ベトナム紅河平野における輪中型堤防形成に関する試論
    • 第3節 紀元2000年紀後半の銅鼓
    • 第4節 ムオン族の墓葬遺跡
    • 第5節 北部ベトナムの改葬墓の出現についての予察
    • コラム12 権力に左右され続けたベトナム施釉陶器
    • コラム13 戦争と考古学
  • 第13章 まとめと展望
    • 第1節 居住パターンの変化と凋密集落形成
    • 第2節 民族形成史理解のための銅鼓
    • 第3節 北部ベトナム:文化形成のベクトルとその場について

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む