サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

目次

源氏物語の創意

源氏物語の創意

  • 林田 孝和(著)
  • 序章 源氏物語の発想・精神史から創意へ−秘められた文学性−
  • 第一編 源氏物語の人生儀礼
  • 第一章 光源氏の誕生−糞尿譚の意味するもの−
    • はじめに
    • 一 始祖本縁譚としての「桐壺」の巻
    • 二 「あやしきわざをしつゝ」の実態
    • 三 厠と人生儀礼
    • 四 〈神の子〉誕生の物語
    • むすび
  • 第二章 夕霧の誕生−源氏物語にみえる生と死−
    • はじめに
    • 一 人生儀礼と通過儀礼
    • 二 源氏物語の出産と夕霧の誕生の場面
    • 三 紫式部、清少納言の「物の怪」観
    • 四 白の異空間−産所−
    • 五 座産と餓鬼
    • むすび
  • 第三章 女三の宮の結婚−鶏の声を起点に−
    • はじめに
    • 一 源氏物語の鶏描写の場面とその用語例
    • 二 鶏鳴・暁の別れから歌ことばへ
    • 三 昼間の恋、鶏の声など聞こえぬ恋
    • 四 夜深き鶏の声
    • 五 紫の上の物の怪体質−むすびにかえて−
  • 第四章 紫の上晩年−その「物の怪」体質の醸すもの−
    • はじめに−紫の上の登場−
    • 一 女君たちの晩年とは
    • 二 苦悩を生きる支えとする紫の上
    • 三 紫の上の「物の怪」体質
    • むすび
  • 第五章 国歌「君が代」−「若菜」の巻前史−
    • はじめに
    • 一 賀歌・算賀
    • 二 賀歌の部立と「わが君は」の意味
    • 三 国歌「君が代」
    • 四 算賀の贈り物
  • 第二編 源氏物語の名前・書名
  • 第一章 登場人物たちの名前
    • はじめに
    • 一 源氏物語は「帖」と算えるか「巻」と算えるか
    • 二 登場人物たちの総数とその名前
    • 三 名前の信仰
    • 四 源氏物語の受容・享受と諸外国での評価
    • むすび−源氏物語の魅力−
  • 第二章 源氏物語にみる「名告り」の精神史
    • はじめに
    • 一 名前の信仰
    • 二 「名告り」の用語例から
    • 三 名がくしの恋−夕顔物語−
    • 四 名告り出る主人公たち
    • 五 近江の君の造型
    • 六 物の怪たちの争闘
    • むすび
  • 第三章 源氏物語の書名ノート
    • 一 書名の種類
    • 二 多くの源氏物語と「源氏」の意味
    • 三 源氏物語の生成の経緯
    • 四 紫式部の作家・編集者としての稟質
    • 五 臣籍降下(嫁)の理由
  • 第三編 源氏物語の和歌と人物造型
  • 第一章 源氏物語の和歌
    • 一 末摘花物語の場合
    • 二 源典侍物語の場合
    • 三 贈答歌の常軌
  • 第二章 玉鬘求婚譚造型
    • 一 夕顔から玉鬘へ
    • 二 異常・奇怪な恋物語
    • 三 歌垣的世界
  • 第四編 源氏物語の表現
  • 第一章 源氏物語の香り
    • 一 光源氏と朧月夜の君との恋の再燃
    • 二 空蟬物語の香り
    • 三 髪・衣・五体・心に染みつく香り
    • 四 匂宮、薫を装い浮舟の寝所に入り契る
    • 五 薫、特有の香り
    • むすび
  • 第二章 文学発生の場−「庭」をめぐって−
    • はじめに
    • 一 仮構の庭と作歌
    • 二 シマ歌
    • 三 庭の本義から洲浜歌へ
    • むすび
  • 第三章 源氏物語の夜−恋の時空−
    • 一 「夜」の意味
    • 二 昼間の恋
    • 三 恋の時間帯
    • 四 暁の別れ、一日の始まり
    • 五 霊的時空
  • 第五編 源氏物語小論
    • 第一篇 濡れ衣
    • 第二篇 空蟬の薄衣
    • 第三篇 近江の君
    • 第四篇 源氏物語の話型