サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

ロール・プレイ 理論と実践

ロール・プレイ 理論と実践

  • クリシヤ・M.ヤルドレイ=マトヴェイチュク(著)/ 和泉 浩(監訳/訳)/ 若有 保彦(訳)/ 井門 正美(訳企画)
  • 第1章 イントロダクション
  • 第2章 ロール・プレイのための認識論的コンテクスト
    • 心理学の研究におけるオルタナティヴな戦略の登場
    • ロール・プレイへの含意
  • 第3章 現在のロール・プレイ実践の状況
    • 社会心理学の研究におけるロール・プレイ
    • 社会心理学の研究におけるロール・プレイの批判的使用
    • ロール・プレイの臨床的、セラピー的応用の概要
    • 臨床的研究におけるロール・プレイ使用の概要
    • 臨床における妥当性の研究
    • セラピーと治療でのロール・プレイ
    • 訓練の道具としてのロール・プレイの使用
  • 第4章 ロール・プレイ実践の現在:特に技術面に焦点をあてて
    • 社会心理学におけるロール・プレイの技術
    • 臨床心理学におけるロール・プレイ
    • 応用分野での適切な実践を行うための明確な指針
    • シミュレーションとゲームの技術
    • その他の関連する研究
    • ロール・プレイへの代表的な貢献
  • 第5章 従来のロール・プレイの定義
    • 役割理論の用語
    • 一般的な定義上の問題
    • ロール・プレイを定義する明確な試み
    • 結論
  • 第6章 ロール・プレイの再定義と、方法論と技術に関する全般的な考察
    • 叙述的な原則
  • 第7章 ロール・プレイにおける関与、取り組み、技術:鍵となる3つの誘導の原則の概念的基盤
    • 「関与」の概念に関する問題
    • 「取り組み」の概念
  • 第8章 適切な誘導を行うための実践的示唆の概観1
    • 方法論上の原則の再検討
  • 第9章 適切な誘導を行うための実践的示唆の概観2
    • 〈自己関連づけ〉と関連する誘導の原則
    • 問題含みのものとしてのロール・プレイの自己関連づけ
    • 〈詳述化〉(Particularization)
    • 構造的諸問題
    • アクター自身の世界
    • もう一つの次元−時間
    • 要約
  • 第10章 後記−結び
  • 補遺1 ロール・プレイを設定する上での他の実践上考慮すべき点
    • 適切な環境
    • 誘導者
    • 参加者
    • 事後報告と終了
  • 補遺2 さまざまなセラピーのコンテクストにおけるロール・プレイの利用例
    • 行動主義的/認知的アプローチでのロール・プレイの例
    • 精神療法的アプローチとロール・プレイ
    • 精神力動的な枠組みでのロール・プレイ使用の臨床例
  • 補遺3 主要な誘導技術についての実証的研究
    • 一般的なイントロダクション
    • 実験
    • 生み出されたスクリプトの内容
    • 日常的現実とロール・プレイの構造的互換性
    • 構造的問題としてのコントロール
    • 異なる誘導条件及びアクターと観察者間の違いにおける説明上の関心
    • 質的なワークショップ