サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

  • 序論 公教育・憲法学総論
    • 第1節 近代の人間像
    • 第2節 個人のヤヌス的性格
    • 第3節 近代的国家観と近代国民国家
  • 第1編 日本国憲法序説
  • 序章 大日本帝国憲法と日本国憲法の成立
    • 第1節 大日本帝国憲法
    • 第2節 日本国憲法総論
  • 第1部 基本的人権
  • 第1章 人権総論
    • 第1節 人権と憲法上の権利
    • 第2節 人権の種類
    • 第3節 人権の享有主体
    • 第4節 憲法の私人間効力
    • 第5節 公共の福祉
  • 第2章 包括的基本権
    • 第1節 幸福追求権
    • 第2節 平等権
  • 第3章 精神的自由
    • 第1節 思想・良心の自由
    • 第2節 表現の自由
    • 第3節 信教の自由
    • 第4節 学問の自由
  • 第4章 経済的自由
    • 第1節 職業選択の自由
    • 第2節 財産権の保障
    • 第3節 居住・移転・国籍離脱の自由
  • 第5章 人身の自由
    • 第1節 奴隷・苦役からの自由
    • 第2節 適正手続の保障
    • 第3節 刑事手続
  • 第6章 社会権
    • 第1節 社会権の登場
    • 第2節 生存権
    • 第3節 教育を受ける権利
    • 第4節 勤労の権利と義務
    • 第5節 労働基本権
  • 第7章 参政権
    • 第1節 公務員の選定・罷免権
    • 第2節 請願権
  • 第8章 請求権
    • 第1節 裁判を受ける権利
    • 第2節 国家賠償請求権
    • 第3節 刑事補償請求権
  • 第2部 統治機構
  • 第9章 国民主権
    • 第1節 国民主権
    • 第2節 天皇
  • 第10章 国会
    • 第1節 国会の地位
    • 第2節 国会の構成・活動
    • 第3節 国会の権能
    • 第4節 議院の権能
    • 第5節 国会議員
  • 第11章 内閣
    • 第1節 行政権
    • 第2節 議院内閣制
    • 第3節 内閣の総辞職
    • 第4節 内閣の権能
    • 第5節 内閣総理大臣の地位および権能
    • 第6節 国務大臣
  • 第12章 裁判所
    • 第1節 司法権
    • 第2節 裁判所
    • 第3節 裁判官
    • 第4節 違憲審査制
  • 第13章 地方自治
    • 第1節 地方自治の原理
    • 第2節 地方公共団体とその機関
    • 第3節 地方公共団体の権能
  • 第14章 平和主義
    • 第1節 国際協調主義と平和的生存権
    • 第2節 戦争放棄
  • 第15章 憲法改正
  • 補論 憲法9条の現代的意義
    • 第1節 4つの戦争観
    • 第2節 憲法9条の解釈論
    • 第3節 憲法9条の現代的意義:その実質的正当化
  • 第2編 憲法と公教育の狭間
  • 第1章 子どもの権利と学校運営
    • 第1節 子どもの権利と「第1の壁」
    • 第2節 学校の機能と「第2の壁」
    • 第3節 校則について
  • 第2章 憲法の教育自治に対する先行性
    • はじめに
    • 第1節 教育自治論の限界
    • 第2節 憲法的価値の担い手としての公教育
    • まとめに代えて
  • 第3章 教育基本法改正案「愛国心」条項の意味
    • はじめに−問題の所在
    • 第1節 国旗・国歌法の制定
    • 第2節 国旗・国歌法制定後の学校現場
    • まとめに代えて−“過剰”と“萎縮”の連鎖
  • 第4章 多文化状況の進行と公教育の存在意義
    • はじめに
    • 第1節 高槻市在日外国人教育事業訴訟の意味
    • 第2節 “思想としての人権”から“法的権利としての人権”へ
    • 第3節 国民統合と義務教育制度
  • 第5章 公教育における分離と「分離すれども平等に」の原則
    • 第1節 公教育の場における「分離すれども平等に」の原則の登場
    • 第2節 分離学校制度に対する2つの流れ
    • 第3節 Plessy判決の登場