サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

化学熱力学中心の基礎物理化学 改訂第3版

化学熱力学中心の基礎物理化学 改訂第3版

  • 杉原 剛介(共著)/ 井上 亨(共著)/ 秋貞 英雄(共著)
  • 序章 基礎事項
    • §1 物質と物性
    • §2 モル質量(原子量と分子量)
    • §3 単位と記号
    • §4 常用対数と自然対数
    • §5 有効数字
  • 第1章 気体
    • §1.1 理想気体
    • §1.2 気体分子運動論
    • §1.3 分子の速度とGrahamの法則
    • §1.4 分子速度の分布
    • §1.5 実在気体とvan der Waalsの状態式
    • §1.6 分子間の力(van der Waals力)
    • §1.7 気体の液化と臨界現象およびvan der Waals定数と臨界値の関係
    • §1.8 相応状態
  • 第2章 液体と固体
    • §2.1 液体の蒸気圧
    • §2.2 Clapeyron−Clausiusの式
    • §2.3 固体
    • §2.4 固体の昇華と融解
    • §2.5 純物質の状態図
    • §2.6 液体のいろいろな性質
  • 第3章 混合物
    • §3.1 濃度
    • §3.2 混合気体とDaltonの分圧の法則
    • §3.3 気体の溶解とHenryの法則
    • §3.4 Raoultの法則
    • §3.5 溶液の束一的性質
  • 第4章 変化の進行と平衡状態
    • §4.1 相平衡
    • §4.2 気相−液相平衡
    • §4.3 液相−液相平衡
    • §4.4 固相−液相平衡
    • §4.5 可逆反応と化学平衡
    • §4.6 質量作用の法則
    • §4.7 圧平衡定数と濃度平衡定数
    • §4.8 化学平衡に対する外的条件の影響−Le Chatelierの原理
    • §4.9 平衡定数の温度変化
    • §4.10 水溶液中における酸−塩基平衡
    • §4.11 難溶塩の溶解度積
  • 第5章 エネルギーと熱力学第一法則
    • §5.1 巨視的な系と熱力学
    • §5.2 熱力学第一法則:熱,仕事およびエネルギーの関係
    • §5.3 内部エネルギー変化の分子論的解釈
    • §5.4 熱,内部エネルギー,エンタルピーおよび熱容量
    • §5.5 理想気体のWとQ−可逆過程と不可逆過程
    • §5.6 熱化学−熱力学第一法則の応用
  • 第6章 エントロピーと自由エネルギー:熱力学第一,第二,第三法則の統合
    • §6.1 熱力学第二法則
    • §6.2 エントロピーの分子論的解釈と変化量の計算
    • §6.3 自由エネルギー
  • 第7章 熱力学の化学への応用(1)−化学平衡
    • §7.1 化学平衡
    • §7.2 化学平衡の条件
    • §7.3 気相化学平衡
    • §7.4 液相化学平衡
    • §7.5 平衡定数と標準変化量(ΔGθ,ΔHθ,ΔSθなど)の間の関係
    • §7.6 平衡定数の温度変化−van’t Hoffの式
    • §7.7 平衡定数の圧力変化
  • 第8章 熱力学の化学への応用(2)−相平衡
    • §8.1 相変化と相平衡
    • §8.2 相律
    • §8.3 1成分系(純物質)の相平衡
    • §8.4 2成分系の相平衡
    • §8.5 2成分系の液相−気相平衡
    • §8.6 2成分系の固相−液相平衡
    • §8.7 溶液の熱力学
  • 第9章 化学反応の速度と反応機構
    • §9.1 はじめに
    • §9.2 化学反応の速度
    • §9.3 速度式と反応の次数
    • §9.4 速度式の決定−積分速度式
    • §9.5 反応機構と速度式
    • §9.6 反応速度の温度依存性−Arrheniusの式
    • §9.7 反応速度の理論−衝突理論と遷移状態理論
  • 第10章 電解質溶液−イオンの移動と電気伝導
    • §10.1 はじめに
    • §10.2 伝導度と伝導率
    • §10.3 当量伝導率の濃度変化
    • §10.4 イオンの移動度
    • §10.5 輸率
  • 第11章 平衡電気化学−電池の起電力とその応用
    • §11.1 はじめに
    • §11.2 半電池の電極電位
    • §11.3 イオンの活量
    • §11.4 種々の電極電位
    • §11.5 電池
    • §11.6 標準電極電位と平衡定数
    • §11.7 起電力測定から得られる熱力学的データ
    • §11.8 起電力測定の応用
  • 付録A 基礎物理化学を学ぶうえで必要な数学とその応用:微分積分からBoltzmann分布まで
    • §A.1 独立変数1個を用いた系の数学的記述
    • §A.2 2個以上の変数を用いた系の数学的記述
    • §A.3 完全微分と不完全微分−状態量の微小変化と熱や仕事の微小変化
    • §A.4 対数・指数および積分
    • §A.5 理想気体の分子運動の速度と速さの分布
  • 付録B 熱力学的諸公式
  • 付録C 化学に必要な静電気に関する基礎知識
    • §C.1 静電気力
    • §C.2 電界
    • §C.3 分子の電気的性質
  • 付録D(a) 基本的数値・物理定数
  • 付録D(b) 非SI単位とSI単位の関係
  • 付録D(c) エネルギー換算表
  • 付録E 原子量表(1983)

物理化学・理論化学 ランキング

物理化学・理論化学のランキングをご紹介します一覧を見る