サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

化学熱力学への誘い 生命科学・化学を学ぶ人たちへ

化学熱力学への誘い 生命科学・化学を学ぶ人たちへ

  • 佐藤 弦(共著)/ 土屋 隆英(共著)/ 熊倉 鴻之助(共著)
  • 第0章 なぜ化学熱力学を身につける必要があるか?
    • §0.1 大切だが人気のない熱力学
    • §0.2 熱力学のわかりにくさと対策
    • §0.3 熱力学の組立て
  • 第1章 熱力学の基本法則
    • §1.1 準備1:熱力学系と外界,符号の規則
    • §1.2 準備2:系の状態,状態量,独立変数,従属変数
    • §1.3 準備3:示量性と示強性,示量性物理量の変化の仕方
    • §1.4 熱力学第零法則
    • §1.5 熱力学温度
    • §1.6 熱力学第一法則
    • §1.7 もう一つの基本法則
    • §1.8 エントロピー
    • §1.9 熱力学第二法則
    • §1.10 可逆変化と不可逆変化
    • §1.11 第一法則と第二法則とを合わせた表現
  • 第2章 熱力学の基本法則から質量作用の法則まで
    • §2.1 質量作用の法則
    • §2.2 化学量数と反応進行度
    • §2.3 反応の親和力
    • §2.4 反応の親和力で表した平衡条件
    • §2.5 化学ポテンシャルで表した平衡条件
    • §2.6 平衡定数,活量係数
  • 第3章 反応熱,熱容量
    • §3.1 反応熱,エンタルピー
    • §3.2 熱容量
  • 第4章 熱力学関数U,H,A,Gと部分モル量,化学ポテンシャル
    • §4.1 熱力学ポテンシャル
    • §4.2 U,H,A,Gで表した化学熱力学の基本式
    • §4.3 モル量と部分モル量
    • §4.4 化学ポテンシャルとギブズエネルギー,ギブズ−デュエム式
    • §4.5 部分モルエントロピー,部分モルエンタルピー,部分モル体積と化学ポテンシャル
  • 第5章 化学ポテンシャルと組成−やや詳しく
    • §5.1 完全混合物,理想混合物;溶媒,溶質
    • §5.2 非理想系の扱い方;浸透係数,過剰化学ポテンシャル,活量係数,フガシティー
    • §5.3 “基準状態”と標準状態
    • §5.4 活量係数,相対活量,絶対活量
  • 第6章 平衡定数
    • §6.1 いろいろな平衡定数 その1 厳密な平衡定数
    • §6.2 いろいろな平衡定数 その2 近似的な平衡定数
  • 第7章 平衡定数は圧力および温度でどのように変わるか
    • §7.1 平衡状態の圧力依存性
    • §7.2 いろいろな反応熱力学量
    • §7.3 標準平衡定数の温度依存性,ファント・ホッフ式
  • 第8章 特別な標準反応熱力学量,標準電極電位
    • §8.1 特別な標準反応熱力学量
    • §8.2 標準起電力と標準電極電位
  • 第9章 相変化,浸透圧,ル・シャトリエ−ブラウンの原理
    • §9.1 相と相律
    • §9.2 純物質の相変化と温度および圧力
    • §9.3 溶解度,溶液の凝固点と沸点
    • §9.4 浸透圧
    • §9.5 平衡の移動−ル・シャトリエ−ブラウンの原理
  • 第10章 電解質溶液の取扱い
    • §10.1 化学熱力学からみた電解質溶液の特徴
    • §10.2 電解質の平均活量係数
    • §10.3 平均活量係数のイオン強度依存性−デバイ−ヒュッケル式
    • §10.4 pHと水素イオンの活量との関係
    • §10.5 電位(電気ポテンシャル),電位差,キャパシタンス
    • §10.6 電荷と物質−帯電しても銅は銅,電気的中性の条件
    • §10.7 導体に挟まれた膜の両側に生じる電位差
    • §10.8 濃度の異なる電解質溶液に挟まれた膜の両側に現れる電位差,液間電位差