サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

  • 1章 はじめに
    • 1.1 日本語教育におけるプログラム評価の必要性
    • 1.2 本書の目的と概要
  • 2章 プログラム評価とは何か
    • 2.1 プログラム評価の定義
    • 2.2 歴史的側面から見たプログラム評価(1)−歴史的発展経緯−
    • 2.3 歴史的側面から見たプログラム評価(2)−代表的な評価アプローチ−
    • 2.4 実践的側面から見たプログラム評価(1)−評価の構成要素−
    • 2.5 実践的側面から見たプログラム評価(2)−評価の実施手順−
  • 3章 外国語教育におけるプログラム評価の動向
    • 3.1 1960−80年代前半の外国語教育プログラム評価の実状
    • 3.2 1980年代後半以降の動向
    • 3.3 外国語教育プログラムでの評価例
    • 3.4 現代の外国語教育プログラム評価の特徴
  • 4章 日本語教育でのプログラム評価像
    • 4.1 日本語教育プログラムの評価担当者
    • 4.2 日本語教育プログラムを取り巻く利害関係者
    • 4.3 日本語教育プログラムでの典型的な評価目標と評価課題
    • 4.4 日本語教育プログラムの評価の方法
  • 5章 日本語教育でのプログラム評価事例研究
    • 5.1 日本語教育現場でのプログラム評価事例概要
    • 5.2 KIT−IJST 2002プログラムの評価計画・準備
    • 5.3 KIT−IJST 2002プログラム評価のデータ収集
    • 5.4 KIT−IJST 2002プログラム評価のデータ分析
    • 5.5 参考調査1 過去(1994−2001年度)の参加者の追跡調査
    • 5.6 参考調査2 協定校担当者へのアンケート調査
    • 5.7 結果の報告
    • 5.8 評価結果の評価(メタ評価)
    • 5.9 この評価事例に関する考察
  • 6章 日本語教育でのプログラム評価実践の課題
    • 6.1 日本語教育でのプログラム評価へのアプローチ
    • 6.2 プログラム評価作業の進め方
    • 6.3 プログラム評価活動促進のための方策
  • むすび