サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 序章 「合理性と価値モデル」の分析的枠組み
    • 1 日本外交・安全保障の通商戦略への途
    • 2 日本の新しい夜明けの時代
    • 3 合理性と価値体系の分析的枠組みへのアクセス
    • 4 合理性における価値観及び企業文化との関連性
    • 5 宗教・文化的価値と経済成長
  • 第1部 マクロ通商戦略編:グローバルビジネス戦略と課題
  • 第1章 アジア市場経済の展望と日本の役割
    • 1 グローバリゼーションとローカリゼーション二極化の時代
    • 2 「合理性と価値モデル」の理論的背景とその概要
    • 3 アジア地域の国際分業構造の推移と生産ネットワークの構築
    • 4 アジア市場経済発展の背景と現状
    • 5 日本のFTA/EPA戦略から東アジア経済共同体・共通通貨構想へ
    • 6 アジア市場経済の将来的展望と日本の役割
  • 第2章 日本の生産・貿易ネットワークによるWTO・FTA文化的通商戦略
    • 1 GATT・WTOの差別化
    • 2 東アジア生産・貿易ビジネスネットワークの現状と展望
    • 3 東アジア経済共同体・共通通貨構想への一歩
    • 4 アジア的価値と西欧的合理主義による人間経済学の分析的枠組み
    • 5 「惻隠の情」のグローバルな共通価値に基づく新WTO構築
  • 第3章 日中米関係の視点に立った日中貿易・投資問題と日本の通商戦略
    • 1 問題の提起
    • 2 日中貿易・投資・技術移転等の現状と課題
    • 3 東アジア共同体と共通通貨構想導入の是非
    • 4 日中米関係の軍事・政治・経済等の問題
    • 5 日本の通商政策戦略
  • 第4章 FTAから東アジア経済共同体と共通通貨体制構築への道
    • 1 Introduction
    • 2 East Asian Trade and Investment
    • 3 FTA towards a Regional East Asian Community and Common Currency Regime
    • 4 Cultural Value and Rationality in Human Lifestyles
    • 5 Conclusion
  • 第5章 IT化時代のグローバルビジネス戦略と社会の変革
    • 1 IT化に伴う日本社会の将来
    • 2 ITと国際ビジネス
    • 3 eビジネスによる国際ビジネスの進展
    • 4 貿易と金融のIT化
    • 5 21世紀日本のグローバルビジネス戦略と社会
    • 6 合理主義と価値のバランス化
  • 第6章 日本製造業−商社−小売業
    • 1 欧米のグローバル化戦略の胎動と日本の戦略
    • 2 日本製造業の役割分担
    • 3 総合商社・大手小売流通業の役割分担
    • 4 信頼関係に基づく心理的グローバル化
    • 5 日本製造業の経営特性の現状とその改善
    • 6 商社の役割とシナジー効果及び小売業
  • 第2部 マクロ通商戦略編:グローバルガバナンスの背景
  • 第7章 日本貿易・投資の背景の概観
    • 1 日本貿易の史的背景
    • 2 日本の国際収支の推移
    • 3 日本の国・地域別輸出入
    • 4 日本の国・地域別対外・対内直接投資
    • 5 最近の日本貿易の分析
  • 第8章 国際政治経済統治体制の変遷
    • 1 第2次大戦後の国際貿易の推移
    • 2 第2次大戦後の世界経済体制の変化と貿易
  • 第9章 日本の通商政策と摩擦問題の変遷
    • 1 細川・クリントン新政権による日米関係の再生
    • 2 日米関係の背景
    • 3 日米間貿易の背景
    • 4 日米貿易摩擦とその対応
    • 5 クリントン政権の対日通商政策とわが国の対応
    • 6 日本の具体的施策措置の提言
  • 第10章 ウルグアイ・ラウンドをめぐって
    • 1 リージョナリズムへの傾斜
    • 2 新世界秩序の幕開けにおけるGATTの位置づけ
    • 3 GATTの背景
    • 4 ウルグアイ・ラウンド交渉における農産物問題
    • 5 日本の対応と役割
    • 6 日本外交政策の欠落
  • 第11章 APEC経済圏における日本の役割
    • 1 APECの台頭
    • 2 APEC参加国の経済状況と見通し
    • 3 APEC組織と見通し
    • 4 APECにおける日本の役割
  • 第3部 ミクロ通商戦略編
  • 第12章 日本企業の貿易取引行動特性と戦略
    • 1 貿易取引の概念
    • 2 マクロ・ミクロ概念とその分析的枠組みの概観
    • 3 マクロ・ミクロ環境要因とその現代的意義
    • 4 貿易取引と国際マーケティングの環境要因の位置づけ
  • 第13章 貿易取引とマーケティング
    • 1 貿易取引条件の史的背景
    • 2 品質・価格・受渡し条件に関する概観
    • 3 品質・価格・受渡し条件の重要度に関する検証方法
    • 4 品質・価格条件に関する考察
    • 5 受渡し条件に関する考察
    • 6 品質・価格・受渡し条件の三位一体化仮説
  • 第14章 三国間貿易取引の実務例に基づく国際マーケティングへの一試論
    • 1 日本企業の貿易取引活動の外延的拡大
    • 2 三国間貿易取引と国際マーケティングの関連性
    • 3 三国間貿易実務の取引契約事例の検討
    • 4 クモの巣組織網の均衡理論への接近
  • 第15章 日本型企業組織網の均衡化理論
    • 1 経済的・社会的交換の論理
    • 2 三国間貿易の海外生産移行とホモ・エコノミクスの限界
    • 3 経済学とマーケティングの差異及び交換関係モデル
    • 4 日本型企業組織網の均衡化理論
    • 5 モデルに基づく日本企業の将来的展望
  • 第16章 日本企業の取引行動特性仮説
    • 1 日本企業のマクロ的行動特性
    • 2 日本企業の比較優位性
    • 3 日本企業のミクロ的行動特性
  • 第17章 日本企業の行動特性と実態調査事例
    • 1 日本企業のアジア諸国への技術移転・国際経営の実態調査例
    • 2 日米企業の日本市場における取引関係の実態調査例
    • 3 日本企業の国際経営の課題とグローバル化
  • 第18章 ライフスタイルの創造
    • 1 経済的・社会的交換の社会
    • 2 個人・企業・国家の関係とライフスタイル
    • 3 企業の国際マーケティング・スタイルと個人のライフスタイル
    • 4 将来的ライフスタイル像
  • 第19章 マーチャンダイジングの品揃え効果
    • 1 品揃えの意味とその原点
    • 2 品揃えと店舗売上高拡大の方法
    • 3 品揃えと売上高・コスト・利益の関係
  • 第20章 流通のグローバル化
    • 1 日本流通業のグローバル化の可能性
    • 2 筆者のウールワース社とのかかわり合い
    • 3 日本流通業の商品輸入と海外進出
    • 4 イトーヨーカ堂の事例
    • 5 日本企業のグローバル化
  • 第4部 マクロ・ミクロ通商戦略編
  • 終章 日本文化顕現の通商戦略
    • 1 グローバリゼーションvs.地域主義
    • 2 日中米関係を巡る日本の位置づけ
    • 3 日米関係か日アジア重視の選択肢
    • 4 21世紀日本の針路への提言
    • 5 文化政策の促進への道
  • 結語−日本外交・安全保障の通商戦略の促進
    • 1 TPP実現と日米同盟の再構築
    • 2 合理性と価値
    • 3 戦略的外交・安全保障
    • 4 外交的通商戦略の時代
    • 5 品質・ニーズの商品貿易及び海外投資の促進
    • 6 サービス収支の強化
    • 7 生活・文化創造産業の育成
    • 8 日本の新成長戦略
    • 結論:日本独自の文化的遺産構築による新資本主義への途

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る