サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0811-17)

目次

日本語のメタファー

日本語のメタファー

  • 鍋島 弘治朗(著)
  • 第1章 はじめに
    • 1.1 メタファーとは
    • 1.2 メタファーと隣接概念
    • 1.3 メタファー研究の流れ
    • 1.4 認知メタファー理論の独自性
    • 1.5 本書の貢献
    • 1.6 本書の構成
    • 1.7 まとめ
  • 第2章 認知言語学
    • 2.1 認知言語学の概観
    • 2.2 有契性
    • 2.3 図と地
    • 2.4 スキーマ化
    • 2.5 イメージ・スキーマ
    • 2.6 カテゴリー化
    • 2.7 主観化
    • 2.8 領域
    • 2.9 多義
    • 2.10 構文
    • 2.11 まとめ
  • 第3章 認知メタファー理論
    • 3.1 認知メタファー理論の基本概念
    • 3.2 認知メタファー理論の変遷
    • 3.3 まとめ
  • 第4章 身体性メタファー理論
    • 4.1 知覚レベルと概念レベル
    • 4.2 イメージ・スキーマとオントロジ・スキーマ
    • 4.3 知覚推論
    • 4.4 Sモード
    • 4.5 評価性
    • 4.6 構造性
    • 4.7 多義
    • 4.8 メタファーのネットワーク
    • 4.9 メタファーの基盤
    • 4.10 プライマリー・メタファー理論と身体性メタファー理論
    • 4.11 多重制約充足としての身体性メタファー理論
    • 4.12 まとめ
  • 第5章 イメージ・メタファー
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 視覚的類似性が高いIM
    • 5.3 選択を含んだIM
    • 5.4 視点の変換を含んだIM
    • 5.5 スキーマ化を含んだIM
    • 5.6 質感を含んだIM
    • 5.7 概念メタファーに近い複合的IM
    • 5.8 まとめ
  • 第6章 水のメタファー
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 水の用語と容認度判定
    • 6.3 《感情は水》メタファー
    • 6.4 《言葉は水》メタファー
    • 6.5 《金銭は水》メタファー
    • 6.6 水のメタファーの基盤
    • 6.7 まとめ
  • 第7章 擬人のメタファー
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 擬人化に似たメトニミー
    • 7.3 形状の類似性による擬人化
    • 7.4 構造の類似性による擬人化
    • 7.5 動物と動き
    • 7.6 植物と自律的変化
    • 7.7 評価性基盤の擬人化
    • 7.8 擬人化の基盤
    • 7.9 まとめ
  • 第8章 線と移動のメタファー
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 事象構造メタファー
    • 8.3 日本語の《活動は移動》メタファー
    • 8.4 日本語の事象構造メタファーの謎
    • 8.5 まとめ
  • 第9章 因果のメタファー
    • 9.1 はじめに
    • 9.2 力
    • 9.3 移動
    • 9.4 経路
    • 9.5 連結
    • 9.6 作成
    • 9.7 植物の生長
    • 9.8 動物の成長
    • 9.9 火および熱
    • 9.10 人間関係
    • 9.11 その他
    • 9.12 因果のメタファーの基盤
    • 9.13 まとめ
  • 第10章 現実のメタファー
    • 10.1 はじめに
    • 10.2 日本語における現実のメタファー表現
    • 10.3 日本語における理想のメタファー表現
    • 10.4 現実と理想のメタファーの基盤
    • 10.5 現実と理想のメタファーにおける日本語と英語の対照
    • 10.6 考察
    • 10.7 まとめ
  • 第11章 可能性のメタファー
    • 11.1 はじめに
    • 11.2 「可能性」と「濃淡」の共起性に関するデータ
    • 11.3 《可能性は濃淡》の「まだら」問題を解決するモデル
    • 11.4 《可能性は濃淡》の基盤
    • 11.5 まとめ
  • 第12章 希望のメタファー
    • 12.1 はじめに
    • 12.2 希望のメタファー表現
    • 12.3 希望のメタファーの基盤
    • 12.4 まとめ
  • 第13章 問題のメタファー
    • 13.1 はじめに
    • 13.2 問題のメタファー表現
    • 13.3 問題のメタファーの基盤
    • 13.4 問題のメタファーから見る文化相対性
    • 13.5 多重制約充足的メタファー理論の素描
    • 13.6 まとめ
  • 第14章 善悪のメタファー
    • 14.1 はじめに
    • 14.2 白さと汚れ
    • 14.3 上下
    • 14.4 理想形と乱れ
    • 14.5 直線と逸脱
    • 14.6 考察
    • 14.7 まとめ
  • 第15章 評価性を基盤とするメタファー
    • 15.1 はじめに
    • 15.2 言語における評価性
    • 15.3 評価性の関わるさまざまなメタファー
    • 15.4 メタファーの基盤としての評価性
    • 15.5 考察
    • 15.6 まとめ
  • 第16章 関係のメタファー
    • 16.1 はじめに
    • 16.2 本章の4つの出発点
    • 16.3 日本語における関係のメタファー表現
    • 16.4 概念レベルと知覚レベル
    • 16.5 概念レベルと知覚レベルを使用したメタファーの再分析
    • 16.6 まとめ
  • 第17章 ことわざのメタファー
    • 17.1 はじめに
    • 17.2 井の中の蛙
    • 17.3 Empty Vessels make the greatest sound.(空き樽は音が高い)
    • 17.4 鶏口となるとも牛後となるなかれ
    • 17.5 Oaks may fall when reeds stand the storm(硬い木は折れる)
    • 17.6 まとめ
  • 第18章 結論
  • 第19章 あとがき