サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

高分子合成化学 改訂版

高分子合成化学 改訂版

  • 井上 祥平(著)
  • 第1章 高分子とは何か
    • 1.1 高分子と低分子
    • 1.2 高分子であることはどうしてわかるか
    • 1.3 高分子はどのようにしてつくるか
  • 第2章 縮合重合Ⅰ:何が分子量を決めるか
    • 2.1 縮合重合とはどんな反応か
    • 2.2 重合度と反応度の関係
    • 2.3 重合度と官能基の量比の関係
    • 2.4 重合度の分布
    • 2.5 起こり得る副反応
  • 第3章 縮合重合Ⅱ:いろいろな反応
    • 3.1 縮合重合の実際
    • 3.2 反応性を高くする方法
    • 3.3 いろいろな縮合重合系高分子
    • 3.4 重付加
  • 第4章 付加重合Ⅰ:ラジカル重合の基本的概念
    • 4.1 付加重合とはどんな反応か
    • 4.2 付加重合の素反応
    • 4.3 反応の速度
    • 4.4 ポリマーの重合度
    • 4.5 連鎖移動反応
    • 4.6 ポリマーへの連鎖移動−枝分れ
    • 4.7 禁止剤
    • 4.8 素反応の速度
    • 4.9 ポリマーの分子構造
    • 4.10 付加重合の実際的方法
  • 第5章 付加重合Ⅱ:モノマーの構造と反応性
    • 5.1 モノマーの反応性を調べる
    • 5.2 モノマー反応性比
    • 5.3 モノマーの構造と反応性
    • 5.4 コポリマーの構造単位の並び方
    • 5.5 Q−eスキーム
    • 5.6 ラジカル重合の可逆性
  • 第6章 付加量合Ⅲ:イオン重合
    • 6.1 イオン重合と求電子・求核反応
    • 6.2 アニオン重合
    • 6.3 カチオン重合
    • 6.4 イオン共重合
  • 第7章 遷移金属触媒による付加重合とポリマーの立体規則性
    • 7.1 エチレン・プロピレンの重合触媒
    • 7.2 立体特異性重合
    • 7.3 立体特異性重合の機構
    • 7.4 高活性の触媒
    • 7.5 極性モノマーの立体特異性重合
    • 7.6 ジエンの重合における幾何異性の制御
    • 7.7 遷移金属触媒による共重合
  • 第8章 開環重合
    • 8.1 開環重合と付加重合・縮合重合の関係
    • 8.2 環状エステルの重合
    • 8.3 環状エーテルの重合
    • 8.4 環状アミンの重合
    • 8.5 環状アミドの重合
    • 8.6 ポリペプチドを与える開環重合
    • 8.7 開環重合とポリマーの立体規則性
    • 8.8 開環メタセシス重合
    • 8.9 ヘテロ不飽和化合物の重合
  • 第9章 ポリマーの分子量の制御
    • 9.1 イオン重合におけるポリマーの分子量の制御
    • 9.2 ラジカル重合におけるポリマーの分子量の制御
    • 9.3 金属錯体によるリビングラジカル重合
    • 9.4 縮合重合における分子量の制御
  • 第10章 ブロック共重合体とグラフト共重合体
    • 10.1 ブロック・グラフト共重合体の特徴
    • 10.2 ブロック共重合体の合成
    • 10.3 グラフト共重合体の合成
  • 第11章 網目構造の高分子
    • 11.1 線状でない高分子の特徴
    • 11.2 縮合重合における網目状高分子の生成
    • 11.3 付加縮合
    • 11.4 付加重合における網目状高分子の生成
  • 第12章 高分子の化学反応
    • 12.1 高分子も反応する
    • 12.2 官能基の変換
    • 12.3 高分子と高分子の反応
    • 12.4 橋かけ
    • 12.5 高分子の分解
    • 12.6 高分子の反応性の特徴
    • 12.7 高分子触媒
    • 12.8 橋かけ高分子の化学反応の応用