サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

  • 序章 誰に対する不正?
  • 第1章 日本のインサイダー取引規制
    • Ⅰ インサイダー取引規制の法制度(1)
    • Ⅱ インサイダー取引規制の法制度(2)
    • Ⅲ 具体的事例
    • Ⅳ インサイダー取引を規制する根拠
  • 第2章 連邦証券取引法制下のインサイダー取引責任
    • Ⅰ 連邦政府による証券取引法制の創設
    • Ⅱ 公に対する開示義務違反
    • Ⅲ 伝統的理論(classical theory)
    • Ⅳ 不正流用理論(misappropriation theory)
    • Ⅴ 日本における米国のインサイダー取引規制に対する批判
  • 第3章 Cady審決以前の相対のインサイダー取引責任
    • Ⅰ コモン・ロー上の不開示責任
    • Ⅱ 初期のインサイダー取引のコモン・ロー上の責任
    • Ⅲ 連邦証券取引法制下の相対のインサイダー取引責任
    • Ⅳ 米国におけるインサイダー取引の法に関する理解
  • 第4章 積極的不実表示が存在しない事案に関する詐欺の法の発展
    • Ⅰ 市場を通したインサイダー取引について私人が提訴した事案
    • Ⅱ 相場操縦の事案
    • Ⅲ ブローカー・ディーラーの看板理論
    • Ⅳ その他の積極的不実表示を伴わない事案
    • Ⅴ 取締役による権限の濫用の事例
    • Ⅵ 検討
  • 第5章 連邦証券取引法制下のインサイダー取引責任
    • Ⅰ 概観
    • Ⅱ インサイダー取引責任の法の拡大
    • Ⅲ 信認義務理論
    • Ⅳ 不正流用理論
  • 結語 「不可解」の先に見えてくるもの