サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

量子力学概論 新装版

量子力学概論 新装版 (SPRINGER UNIVERSITY TEXTBOOKS)

  • W.グライナー(著)/ 伊藤 伸泰(監訳)/ 早野 龍五(監訳)/ 川島 直輝(訳)/ 河原林 透(訳)/ 野々村 禎彦(訳)/ 羽田野 直道(訳)/ 古川 信夫(訳)
  • 第1章 物理量の量子化
    • 1.1 光量子
    • 1.2 光電効果
    • 1.3 コンプトン効果
    • 1.4 リッツの結合則
    • 1.5 フランク−ヘルツの実験
    • 1.6 シュテルン−ゲルラッハの実験
  • 第2章 輻射の法則
    • 2.1 物体の輻射に関する予備知識
    • 2.2 空洞輻射とは何か
    • 2.3 レイリー−ジーンズの輻射法則
    • 2.4 プランクの輻射法則
  • 第3章 物質の波動性
    • 3.1 ド・ブロイ波
    • 3.2 物質波の回折
    • 3.3 物質波の統計的解釈
    • 3.4 量子力学における物理量の平均値(期待値)
    • 3.5 量子力学に現れる3つの演算子
    • 3.6 量子力学における重ね合わせの原理
    • 3.7 ハイゼンベルクの不確定性原理
  • 第4章 量子力学の数学的基礎Ⅰ
    • 4.1 演算子の性質
    • 4.2 2つの演算子の和,積,交換関係
    • 4.3 ブラとケット
    • 4.4 固有値と固有関数,その正規直交性
    • 4.5 2つの観測量の同時測定,2つの演算子の同時固有関数
    • 4.6 位置演算子と運動量演算子
    • 4.7 任意の演算子に対するハイゼンベルクの不確定性関係
    • 4.8 角運動量演算子と球面調和関数
    • 4.9 運動エネルギー演算子
    • 4.10 全エネルギー,ハミルトニアン演算子
  • 第5章 連続スペクトルとデルタ関数
    • 5.1 固有微分と連続スペクトルを持つ固有関数の正規化
    • 5.2 固有関数による展開と完全性
  • 第6章 シュレーディンガー方程式
    • 6.1 量子力学における粒子数の保存則,流束密度の定義
    • 6.2 定常状態とシュレーディンガー方程式の一般解
    • 6.3 定常状態の性質
  • 第7章 調和振動子
    • 7.1 調和振動子型方程式の解
    • 7.2 生成・消滅演算子による調和振動子の記述
    • 7.3 演算子âとâの性質
    • 7.4 調和振動子型ハミルトニアンのâとâによる表現
    • 7.5 âとâの解釈
  • 第8章 古典力学から量子力学へ
    • 8.1 平均値の運動
    • 8.2 エーレンフェスト(Ehrenfest)の定理
    • 8.3 運動の保存量,保存の法則
    • 8.4 曲線座標での量子化
  • 第9章 磁場中の荷電粒子
    • 9.1 電磁場との相互作用
    • 9.2 水素原子
    • 9.3 3次元的電子密度
    • 9.4 水素原子のエネルギースペクトル
    • 9.5 水素原子中の流れ
    • 9.6 磁気モーメント
    • 9.7 水素類似原子
  • 第10章 量子力学の数学的基礎Ⅱ
    • 10.1 表現論
    • 10.2 演算子の表現
    • 10.3 固有値問題
    • 10.4 ユニタリー変換
    • 10.5 S行列
    • 10.6 行列形式のシュレーディンガー方程式
    • 10.7 シュレーディンガー表示
    • 10.8 ハイゼンベルク表示
    • 10.9 相互作用表示
  • 第11章 摂動論
    • 11.1 定常的な摂動
    • 11.2 縮退
    • 11.3 リッツの変分法
    • 11.4 時間に依存する摂動
    • 11.5 時間的に変動しない場合
    • 11.6 連続状態間の遷移
  • 第12章 スピン
    • 12.1 二重項分裂
    • 12.2 アインシュタイン−ド・ハースの実験
    • 12.3 スピンの数学的記述
    • 12.4 スピンを含む波動関数
    • 12.5 パウリ方程式
  • 第13章 非相対論的波動関数とスピン
    • 13.1 シュレーディンガー方程式の線形化
    • 13.2 外場中の粒子と磁気モーメント
  • 第14章 量子力学における多体系の扱い方
    • 14.1 多粒子系における全運動量の保存
    • 14.2 量子力学における多粒子系の重心運動
    • 14.3 量子力学的多粒子系における全角運動量の保存
    • 14.4 多粒子系における微小振動
  • 第15章 同じ種類の粒子が複数ある系の記述方法
    • 15.1 パウリ原理
    • 15.2 交換縮退
    • 15.3 スレーター行列式
  • 第16章 量子力学の理論形式
    • 16.1 量子力学の数学的基礎−ヒルベルト空間−
    • 16.2 ヒルベルト空間の演算子
    • 16.3 固有値と固有ベクトル
    • 16.4 連続スペクトルを持つ演算子
    • 16.5 演算子の関数
    • 16.6 ユニタリー変換
    • 16.7 直積空間
    • 16.8 量子力学の公理
    • 16.9 自由粒子
    • 16.10 摂動論のまとめ
  • 第17章 量子力学的世界像の実在論的問題
    • 17.1 決定論
    • 17.2 局所性
    • 17.3 隠れた変数理論
    • 17.4 ベルの定理
    • 17.5 観測の理論
    • 17.6 シュレーディンガーの猫
    • 17.7 主観に帰着させる考え方
    • 17.8 古典的な測定を量子力学と無関係なものとする考え方
    • 17.9 コペンハーゲン解釈
    • 17.10 観測の不可逆性に基づく考え方
    • 17.11 分裂宇宙モデル
    • 17.12 実在の問題