サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0811-17)

目次

  • はじめに
  • 第1章 田園調布動物病院は今日も大忙し
    • 動物病院は小さな総合病院
    • 町の獣医さんはなんでもやる
    • 北からイグアナ、南からプレーリードッグ
    • 動物も歯が命
    • 体重2・8gのアマガエルの手術に成功!
    • 獣医師7人集めて、大型犬の骨折の手術
    • 顔を切り裂き、尻尾を切り取る。ときには大胆な手術も必要
    • 釣り糸を食べてしまう犬、おもちゃのトカゲを飲みこんだカエル
    • 病院のペットとなった動物たち
    • どうしようもない無力感に、獣医をやめたくなることも
    • 休診日にダックスフントの脊髄の手術
  • 第2章 珍獣との「幸せな暮らし方」
    • ウサギも金魚もウーパールーパーも珍獣
    • 犬と珍獣、同じペットでもこんなに違う
    • ワラビーは広いところで、ミドリガメは水の中で
    • プレーリードッグがはげてしまったのは、誰のせい?
    • そのカメ、冬眠しているのか、瀕死の状態なのか
    • かわいい顔をしているサルだけど…
    • 金魚は清潔すぎる水が嫌い
    • キュートなフクロモモンガが食べるものは
    • ヤマネコにとって松阪肉はごちそう?
    • ウサギがおなかをこわしたら…
    • その犬にとって、キャベツは必要ですか?
    • 本当にかわいそうなことは…?
    • 「昨日まで元気だった」と言うけれど
  • 第3章 僕はどうして獣医になったのか
    • ダンゴムシもハサミムシも、カエルもヘビも僕のペット
    • イグアナが家にやってきた!
    • 情熱があれば、大学受験も突破できる!
    • テレビゲーム人気の裏で
    • 探検部に入部
    • 憧れの地、いさアマゾンへ
    • まぼろしの黄金ナマズを求めて
    • 僕の珍獣の診療の原点、カエルの結石
  • 第4章 だから珍獣は面白い!
    • カエルLOVE
    • タランチュラ、8カ月の断食後、脱皮
    • 初めての珍獣の診療はウサギ
    • 珍獣の常識は、人間の非常識
    • カメの卵が膀胱に落ちた!?
    • 眠りから覚めないオオトカゲ
    • トカゲ200匹の血液検査
    • カメの開腹手術にPE法を考案
    • カエルのツボカビ症を水虫の薬で治す
    • おしっこを出す新しい方法を開発
    • エラ呼吸専用麻酔装置を発明
    • それぞれの珍獣に、それぞれの麻酔装置を
    • ハムスターはストッキングに、カメはトングでつかんでレントゲン撮影
  • 第5章 命に休みはない
    • 骨肉腫で前脚を切断。3本脚になったゴールデンレトリバー
    • なぜ震えているの?
    • 「ちょっと考えさせてもらえますか?」
    • 人間用の薬で糖尿病のフェレットを治療
    • リスザルの赤ちゃん誕生!
    • 「もうダメだ」と思った脱水症状のヤギが…
    • 動物が明日も生きている確率−それは50%
    • 安楽死という選択
    • 年間8万匹の犬の殺処分をどう考える?
    • 命をいただくこと
    • 命の列車
  • おわりに