サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

目次

  • 第一章 法曹のあり方と関連諸制度への視点
    • 一 世界と時代
    • 二 法的制度と市民、司法と立法、行政
    • 三 制度論に関する二つの視点
  • 第二章 裁判官とそのあり方
    • 一 はじめに
    • 二 裁判官(法律家)の精神構造とこれを取り巻く環境
    • 三 裁判官・裁判官制度のイメージと裁判官批判
    • 四 キャリアシステムの改善
    • 五 裁判官の生活とやりがい
  • 第三章 弁護士とそのあり方
    • 一 弁護士という集団
    • 二 これからの弁護士像
    • 三 弁護士に対する要望
    • 四 法廷と裁判所における弁護士倫理、弁護士の能力の維持
  • 第四章 研究・教育者とそのあり方
    • 一 法学研究者という仕事の現状とそれを取り巻く環境
    • 二 研究・教育者の役割
    • 三 目指すべき方向
  • 第五章 今後の法学教育と法律家の養成
    • 一 はじめに
    • 二 法学部、法科大学院、司法研修所、実務修習の役割分担
    • 三 その他の問題
  • 第六章 法律家の視野と教養
    • 一 視野と教養の意味
    • 二 交流、洞察、プレゼンテーションの能力と技術
  • 第七章 市民・メディアと民事裁判
    • 一 市民と民事裁判
    • 二 予防法学
    • 三 メディアのあり方