サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 第Ⅰ部 私的所有権の不条理性
    • 1.トマス・アクィナスに基づく私的所有権の再解釈と若干の帰結−抄録−
    • 2.社会資源の配分・帰属の偶有性とその帰結−普遍的秩序(平和)構築への前提条件の共有化のために−
    • 3.私的所有権の個別的論証の非論理性−「自己所有権」の問題点を中心に−
    • 4.私的所有権の偶有性と経済(社会)学の課題−抄録−
    • 5.私的所有権の人間本性性とその帰結−抄録−
    • 6.私的所有権の不条理性−平和学は体制変革の学であるとの共通認識への一助として−
    • 7.WHAT WOULD YOU DO,IF THE GROUND YOU ARE STANDING ON SUBSIDED ALTOGETHER?
    • 8.いかなる「機会の平等」、いかなる「結果の平等」が論理整合的平等概念なのか?
  • 第Ⅱ部 構造的暴力の背理
    • 1.J.ガルトゥングによる「構造的暴力」概念の整序化と平和への課題
    • 2.構造的暴力と平和構築の課題−積極的平和と消極的平和の差異を踏まえて−
    • 3.「構造的暴力理論」は「完全平等主義」と「絶対人格主義」との別名ではなかろうか?−「個人レベルの所与」からの解放をも「ポジティブな所与」からの解放をも不可欠としていることに関連して−
    • 4.「構造的暴力理論」の批判的考察と平和学の課題
  • 第Ⅲ部 平和学と平和構築への諸ステップ
    • 1.平和学の創造−抄約−
    • 2.理念としての平和−平和学パラダイムの事例的検討−
    • 3.科学的社会(科)学と普遍的秩序定立課題−グローバル階級構造の一事例分析より−
    • 4.IDSⅢ、第三次国際開発戦略−その中間評価とその基本的課題〈1〉−
    • 5.IDSⅢ、第三次国際開発戦略−その中間評価とその基本的課題〈2〉−
    • 6.DDⅢ(第三次国際連合開発旬年)と社会科学の課題
    • 7.DDⅣ(第四次国際連合開発旬年)への認識論的前提条件−現行秩序が偶有的規定でしかない事実に立脚する必要性に関連して−
    • 8.「ミレニアム開発計画Millennium Development Project」の概略
  • 第Ⅳ部 根元的課題への原理的アプローチ
    • 1.経済行為の成立根拠が「不完全競争」要因の独占に起因することの帰結−「社会的効率と平等」、そして「持続可能な開発」の実現可能性に関連して−
    • 2.持続可能な開発原理の二律背反性と普遍的秩序(平和)構築原理としての不可欠性
    • 3.科学的社会学定立への基本要件−現代「社会の危機」と「社会学の危機」超克への一提題−
    • 4.付 「事実規定論」の寸描
  • 第Ⅴ部 「こころ」こそ平和のいのち−信仰と平和−
    • 1.“問われている”−信仰の正体が−
    • 2.「平和」それは信仰の本質
    • 3.平和−それは交わりの果実−
    • 4.「平和」−現代の不安とその充足の視点から−
    • 5.無言の宣教師−貧しく生まれ、貧しく生きたJ・ジュピア神父−
    • 6.5セントのさわやかさ