サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 一〇月
    • 一 一〇月
    • 二 小春
    • 三 冬の異称
    • 四 冬の諸称
    • 五 冬月、公的作業量が短功規定となる
    • 六 冬月、断獄(判決)する(漢代)
    • 七 冬月の雑占
    • 八 冬雨と冬雷の占い
    • 九 華北の一〇月
    • 一〇 江南の一〇月
    • 一一 一〇月、寒服を着る
    • 一二 一〇月の雑占
    • 一三 一日、秦漢の歳首
    • 一四 一日、節日
    • 一五 一日、拝墓
    • 一六 一日の食べ物
    • 一七 一日、袴褶(はかま)着用の日
    • 一八 一日、京官の考課簿の提出日
    • 一九 一日、防人の交替日
    • 二〇 一日、暖房の開始
    • 二一 一日、民事訴訟の受理を開始する
    • 二二 一日の占い
    • 二三 八日、長安・保唐寺(菩提寺)の俗講
    • 二四 一〇日、慶成節(文宗皇帝の生日)
    • 二五 一〇日、焉耆国王の一日交替
    • 二六 一三日、立冬
    • 二七 立冬の祭祀
    • 二八 北字の岳鎮海瀆を祀る
    • 二九 岳鎮海瀆の祭祀に関する「祠令」
    • 三〇 岳鎮海瀆祭祀の式次第
    • 三一 立冬の節物
    • 三二 立冬の呪い
    • 三三 立冬の雑占
    • 三四 立冬の占気
    • 三五 立冬の占風
    • 三六 一三日、代宗皇帝の生日
    • 三七 代宗皇帝の生日に僧尼を得度する勅牒
    • 三八 一四日、枸杞湯で沐浴する
    • 三九 一五日、下元節
    • 四〇 一五日、霊女廟を祭祀する(漢代)
    • 四一 二五日、朝集使の上京日
    • 四二 朝集使の任務
    • 四三 二五日、考課簿(地方官)の提出日
    • 四四 赦書日行五百里
    • 四五 長安と西州の文書伝達速度
    • 四六 圓仁が記録する制書の伝達
    • 四七 公文書の伝達速度例
    • 四八 沙州と伊州との伝馬の日数
    • 四九 伝書鳩
    • 五〇 五里塚
    • 五一 貢挙人(貢挙応試者)の上京
    • 五二 秀才科と俊士科
    • 五三 一〇月、授田
    • 五四 一〇月、司寒を祭る
    • 五五 唐代の互市
    • 五六 成童を学に入れる(後漢)
    • 五七 冬の貢茶(唐代後半期)
    • 五八 一〇月、郡県の宴会(後漢)
    • 五九 枸杞酒と棗湯
    • 六〇 一〇月、華清宮(温泉宮・温湯)行幸
    • 六一 一〇月末、妖神を賽す(唐代の荆楚地方)
    • 六二 一〇月、脯(細片の乾肉)と【セキ】(乾肉の塊)を造る(漢代)
    • 六三 一〇月、酒を醸す
    • 六四 一〇月、野菜を収穫する
    • 六五 一〇月、紅線毯を貢納する(宣州)
    • 六六 一〇月、鷹狩り
    • 六七 一〇月の諸外国の行事
    • 六八 一〇月の雑事
    • 六九 一〇月の俗信
    • 七〇 一〇月の食禁
  • 一一月
    • 一 一一月
    • 二 一一月の雪
    • 三 一一月の占雨
    • 四 一一月の雑占
    • 五 一日、朝集使の引見と礼見
    • 六 一日、貢挙応試者の引見
    • 七 一日、野焼きの解禁日
    • 八 一日、租の納付開始(租庸調制時代)
    • 九 一日、貢挙応試者が孔子廟に謁す
    • 一〇 一日の占い
    • 一一 新暦を造る
    • 一二 六日、天竺国の冬至
    • 一三 一一日、枸杞湯で沐浴する
    • 一四 一四日、延慶節(懿宗皇帝の生日)
    • 一五 一五日、占城国の冬至
    • 一六 二四日、天臺大師・智顗の忌日
    • 一七 二四日、隋の誠敬夫人・洗氏の祭祀(嶺南)
    • 一八 冬至の前後五日、白犬を買う(漢代)
    • 一九 冬至の前後は安静にする(後漢)
    • 二〇 冬至の前後は夫婦別寝する
    • 二一 二七日、除夜(冬至の前夜)
    • 二二 二八日、冬至(唐代)
    • 二三 冬至、南郊に昊天上帝を祀る(唐代)
    • 二四 冬至に昊天上帝を祀る「祠令」
    • 二五 冬至の南郊祭祀の起源
    • 二六 冬至に祖先を祀る
    • 二七 冬至休暇
    • 二八 冬至の囚人一時解放
    • 二九 圓仁が記録する冬至節
    • 三〇 白楽天の冬至の詩
    • 三一 冬至の朝賀
    • 三二 冬至の朝賀の式次第
    • 三三 後漢の冬至
    • 三四 浙江の冬至節(宋代)
    • 三五 契丹国の冬至
    • 三六 冬至の習俗
    • 三七 冬至の節物
    • 三八 冬至の宴会
    • 三九 冬至の食べもの
    • 四〇 冬至の【コン】飩
    • 四一 冬至の俗信
    • 四二 冬至の豊作占い
    • 四三 冬至の占気
    • 四四 冬至の占雲
    • 四五 冬至の占風
    • 四六 冬至の雑占
    • 四七 小至(冬至の翌日)
    • 四八 冬至後の占い
    • 四九 冬至後の赦の占い(漢代)
    • 五〇 守庚申
    • 五一 九九消寒詞
    • 五二 一一月は秋税の納入期限月
    • 五三 一一月、衛士の帳を尚書兵部に上る
    • 五四 一一月、野菜を貯蔵する
    • 五五 暖寒の会
    • 五六 寒を禦ぐ(唐代)
    • 五七 厳冬に寒食する(前漢・後漢・三国)
    • 五八 幼童を学に入れる
    • 五九 冬筍と孝行話
    • 六〇 一一月、講武(軍事演習)する
    • 六一 雪水に種子を浸す
    • 六二 一一月、不違県の禁水を渡る(漢代)
    • 六三 収穫物と牛馬を野に放置する(三国以前)
    • 六四 一一月の諸外国の歳時
    • 六五 一一月の雑事
    • 六六 一一月の俗信
    • 六七 一一月の食禁
  • 一二月
    • 一 一二月
    • 二 一二月の雑占
    • 三 一日の占い
    • 四 一日の諸外国の行事
    • 五 府兵の訓練
    • 六 三日、潑寒の胡戲
    • 七 七日、南海・勃泥(ブルネイ)国の歳首
    • 八 八日、臘八会
    • 九 臘八の沐浴
    • 一〇 臘月の製薬(臘薬)
    • 一一 八日、荆楚地方の臘日?(六世紀)
    • 一二 八日、敬宗皇帝の国忌
    • 一三 会昌の廃仏と国忌日の行香
    • 一四 国忌の禁令
    • 一五 圓仁が記録する国忌
    • 一六 私忌
    • 一七 醬を造る
    • 一八 臘とは
    • 一九 各王朝の臘日
    • 二〇 臘除(臘日の前夜)の夕、桃人と葦索と画虎を門に飾る(後漢)
    • 二一 臘除(臘日の前夜)に逐儺する(六世紀以前)
    • 二二 一〇日、百神を【サ】祭する(唐の開元二〇年まで)
    • 二三 【サ】祭と臘祭に関する「祠令」
    • 二四 一二日、臘日(唐代)
    • 二五 臘日の休暇
    • 二六 臘日に囚人を一時解放する
    • 二七 臘日の朝の爆竹と諸行事(漢魏)
    • 二八 臘日に祖先と五祀を祭る(後漢)
    • 二九 臘日に竈神を祠る
    • 三〇 臘日の鎮宅埋石
    • 三一 臘日の賜物と賜銭(後漢)
    • 三二 臘日の贈薬
    • 三三 臘日に口脂衣・香囊を進める
    • 三四 臘日に口脂・面薬を下賜する
    • 三五 臘日の食べもの
    • 三六 臘日の宴
    • 三七 臘日の郷飲酒礼
    • 三八 臘酒を造る
    • 三九 百済国の臘日?
    • 四〇 臘日の俗信
    • 四一 小歳(臘の翌日)
    • 四二 蒸祭(臘の三日目の祭)
    • 四三 蔵鉤の戯
    • 四四 一五日、占城(チャンパ)国の祭天
    • 四五 一六日の諸外国の行事
    • 四六 一九日、抜汗那(フェルガーナ)の豊凶の占い
    • 四七 臘以後から歳末以前の杭州の自然
    • 四八 二〇日、儀注を習う(南朝・陳)
    • 四九 三〇日、枸杞湯で沐浴する
    • 五〇 一二月、脯(細片の乾肉)と【セキ】(乾肉の塊)を造る
    • 五一 一二月、夫餘国の祭天(漢・三国)
    • 五二 一二月、春衣を支給する
    • 五三 一二月、蔵氷する
    • 五四 蔵氷に関する「祠令」
    • 五五 一二月、土牛を作り、寒気を送る(漢代)
    • 五六 年末の情景
    • 五七 鍾馗
    • 五八 桃板・桃符を準備する
    • 五九 歳末に囚人を一時解放する
    • 六〇 除夜とは
    • 六一 除夜の逐儺(歳除)
    • 六二 隋唐の逐儺
    • 六三 隋唐の朝廷の逐儺
    • 六四 唐の朝廷逐儺の儀式次第
    • 六五 逐儺に関する「祠令」
    • 六六 一〇世紀以降の逐儺
    • 六七 高麗と日本の逐儺
    • 六八 除夜の諸行事
    • 六九 洛陽の除夜
    • 七〇 嶺南の除夜
    • 七一 寺院の除夜
    • 七二 除夜の鐘
    • 七三 裴度と賈島の除夜
    • 七四 除夜の焼薬
    • 七五 除夜の鏡卜(響卜)
    • 七六 除夜の庭燎と爆竹
    • 七七 除夜の爆竹(宋代)
    • 七八 除夜に爆竹し「萬歳」をいう
    • 七九 「萬歳」の起源
    • 八〇 「萬歳」説
    • 八一 白楽天と王湮の除夜詩
    • 八二 餽歳・別歳・分歳
    • 八三 送歳
    • 八四 守歳
    • 八五 守歳の詩
    • 八六 除夜四更の呪い
    • 八七 一二月の雑事
    • 八八 一二月の俗信
    • 八九 一二月の食禁