サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 枕詞「あしひきの」三種について
    • 上代特殊かなづかい
    • 「あしひき」の問題点
    • 「枕詞の詩学」
    • 「あ・しひ・き」
    • 「あ・しひ・き」の城
    • 四字形式と家持
    • 三字形式の「足日木」
    • 二字形式の「足引」
    • 「キ乙」の教えるもの
  • 記紀神武の歌謡「こき・しひ・ゑね。こき・たび・ゑね。」
  • 「ことさけば」「ことならば」「ことは」の歴史的展開
    • はじめに
    • 奈良朝の「こと」
    • 「こと」
    • 野村宗朔氏の反論
    • 「ことならば」第一類
    • 橋本説「同じことなら」は、なぜまずいか
    • 「ことならば」第二類
    • 「ことならば」第三類
    • 「ことならば」第四類
    • 「ことならば」の新しい用例
    • 『源氏物語』以前の「ことならば」と「ことは」
    • 『源氏物語』の「ことならば」
    • 『源氏物語』以後の「ことならば」
    • 結び
  • 「かくばかり恋ひつつ有らずは」の「ずは」
    • 橋本博士のズハ説とそれへの不満
    • 年代別にしたズハ型の歌
    • 橋本博士の未定稿「上代の国語に於ける一種のズハについて」と大岩正仲論文
    • 仮定条件法としての理解のさまざま
    • 現在の拒否「ズ」と将来に宣言される拒否「ジ」
    • 仮定条件法のさまざまなタイプ
    • ズハ型の歌の時代区分
    • 主な歌の口語訳例
  • 万葉語「しなふ」とその周辺
  • 万葉語と記紀とのかかわり
    • 知草
    • 巻一の難訓歌
    • いつかしが本
    • (付)箸墓
    • 百岐年三野之国之
    • 邑礼左変
  • 万葉語の終止形と連体形の同義性
    • 「玉久世」
    • 「我袖もちて隠まむを」「不服て」
    • 「世蝶」
    • 井堤の歌への若干の注
  • 記紀における「ウル」と「タク」など
    • 「うれむぞ」の歌二首
    • 「海幸山幸」のウル鉤
    • ウレムとウル
    • 山田孝雄氏「うれ」の考
    • ウレシとウレフ・ウレタム
    • 「悠々」と「タイダイシ」と
    • 原田芳起氏のウタテ説と大野晋氏
    • タイダイシ説の検討
    • タギタギシとタク
    • タクの変形・種々相
    • 料理のコースを選定する「タク」
    • 神代記「うじたかれころろぎて」
    • たきそなひ(手寸十名相)
    • 「たく」から「たいだいし」へ
  • 方言・地形にも注目
    • 「たき」と「たぎち」
    • 髪タクとタキ・タギツ
    • 「さなづら」から「さのかた」へ
    • 「さのかた」の特徴
    • しな立つ筑摩左野方
    • 「しなだつ」
    • 息長の越の小菅
    • 生ひをゐをれる川藻
    • ヲヲルと明きらかな歌
    • 乎為ルの「為」誤字説など
    • ヲヲルと確かに訓む例とその意味
    • 鶯のヲヲリ
    • 「ヲヲル」とラホ日辞典また島根方言
  • 橋本博士の「とほしろし」論など
    • 登保・志呂之(とほ・しろし)
    • とほしろし(雄大)説への疑い
    • 橋本説への吟味の必要
    • 「とほし」と「しろし」
    • 「とほし」(浸)と「しろし」(【シロシ】)の合成
    • しら遠ふ小新田山
  • 連語にこめられた心情
    • ニヨブかニヨフか
    • 懐風藻と岡山方言
    • サマヨフとサマヨフ
    • 接尾辞「〜ヨフ」の付く四動詞
    • 連語論から見た日本語助詞のありかた
    • 人に対する働きかけの連語
    • よびかけの結びつき
    • 「のどよふ」は「喉喚ぶ」か
    • 遣新羅使人の「ヨビヨセテ」の歌
    • 「喚・呼」の意の「ヨブ」
    • 「今は王良まし木積来ずとも」
    • ノミト(甲)とノミト(乙)
    • 外・門・戸・処(ト甲)と跡(ト乙)
    • 斉明紀「射ゆ鹿猪をつなぐ川上(乙)の」
    • 生けるともなし
    • 「ノド・ヨブ」と「ニ・ヨブ」
    • 「ニ・ヨブ」の場面いろいろ
    • 頸を切られつつ呻ぶ仏像
    • 難船・孤立・病苦
    • 人を食う鬼、人の血をしぼる長者の世界
    • 強盗団に縛り上げられた仲だちの侍
    • (付)宇治拾遣の再話
    • 平家「緒環」の女と蛇神
    • 徒然草、酒の害による「によび伏し」
    • 詩歌苦吟の「によび」
    • ラポ日辞典の日本語「ニヨウ」
    • 「け・によばず来ぬ」の「け」
    • 万葉の「ニ・フブカ・ニ」
    • 名義抄のフブク
    • 「ニフブク」「ニフブニ」
    • 「フブキ」の語史と辞書
    • 「斑雑毛」と「ふりふぶく」
    • 私家集に見る「ふぶき」
    • フブキの由来
  • 上代語における「ヘ甲」と「ヘ乙」
    • 表は勿さかり
    • 「表」の字を用いたわけ
    • 「辺・方」(ヘ甲)と方角
    • 特定の「床の辺」
    • 「戸・経」(ヘ乙)の綜合的非特定的特徴
    • 「焼大刀の隔(甲)」などの歌
    • 「剣大刀磨ぎし心」と「焼刀の利心」
    • 焼刀と剣大刀と
    • 湯原王と焼大刀の歌
    • 湯原王と「娘子」との贈答歌
    • 「男子名は古日…」の歌
    • 「立ち阿射里われ乞ひ祈めど」
    • 「かたち都久保里」
    • 「楫つくめ」
    • 「握飯筑波=筑簞」の論
    • 「つくめ、むすぶと夜ぞふけにける」
    • 訓点語「アフツクム」の論
    • 図書寮本名義抄その他から
    • 『音訓篇立』(汲古書院)の「覯マル」
    • 覯=遘=構=【コウ】について
    • 人妻ゆゑに
    • 「殊更」(此ト改メテ)と「ことならば」
    • 「あつらへ」の「なむ」
    • 万葉の「あづきなく」
    • 遊仙窟の「アヂキナシ」
    • 和泉式部の歌の「あぢきなく」
    • 文選の訓の「あぢきなし」
    • 「たづきなし」と「あづきなし」
    • 「あぢきなし」の主情性・客観性
    • 「嘱」なしと「四端」
    • 枕草子・源氏物語の「あぢきなし」
    • 世の中、あぢきなし
  • 「みつれ」と「うたかた」など
    • 「みつれにみつれ」と契沖説・『注釈』説
    • 「みつれ」の意味と活用
    • 【ミツル】(みつる)と三礼(みつれ)
    • 「みつれ」の歌の解釈
    • 終止形「みつる」の傍証
    • キリシタンとからんで
    • 末わわらばに置ける白露
    • 山田孝雄氏「ひさかた考」
    • 「うたかたも」と詩経「素冠」
    • 遊仙窟の「うたかたも」
    • 万葉集の「うたかたも」
    • 万葉の「うたかたわが背」
    • 「うたかた花」「うたかた人」
    • 「うたかたも」論のさまざま
    • 「うつたへに」と万葉集
    • 平安期の「うつたへに」
    • 結び
    • 雨莫(な)零行年(そね)
  • 枕詞からの問題語の究明
    • 枕詞の問題語について
    • 「玉くしげ芦毛」
    • 「衣袖あしげの馬」
    • 「夏麻引く海上瀉」
    • 「うなかみ」と夏麻
    • 「うなひ」と「神奈備」
    • 「夏麻引くうなひを差して」
    • ウナヰ・小放り・うなひ
    • ウナヒの意味
    • 童の髪(ウナヰ)から成人の髪(ハナリ)へ
    • 「よぢ子」から「うなひ」へ
    • 卯名手の森
    • ウミとウナとの交渉
    • 紀歌謡120斉明の歌「ウナ・クダリ」
    • 同上歌謡についての土橋説
    • 神武の歌の末句「ヱネ」と「ウウ」
    • 「ナミ」(波)と「ナサ」(波驚き)
    • 「渡つ海」の潮汐・海流とその神霊視
    • 「ウナヅ」「ウナサカ」
    • ウナとウミの交替説
    • 「夏麻引く命なづみて」
    • 「なづみて」の例歌
    • 「息の緒に」
    • 「命に向かふ」
    • 「あな気衝かし」
    • 「憂ひは緒を成す」
    • 「気の緒に」の例歌
    • 「気の緒に」の例歌
    • 「気の緒に」の例歌
    • 冒頭の歌「刈りこもの心もしのに」(3255)
    • 「しなふ」と乱ル・乱フ・繽紛
    • 旧来の説への山崎氏の批判をめぐって
    • 「心モ乱レテ」説の検証
  • 「くすむ」の深意