サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

  • 第一部 川端康成の初発期−「新感覚主義」の生成と射程−
    • 序 −問題の所在−
    • 第一章 初発期川端康成の批評−「表現」理念の形成−
    • 第二章 「招魂祭一景」論−疲労した身体、夢見る言葉−
    • 第三章 「青い海黒い海」論−言葉の〈速度〉と〈遅れ〉−
    • 第四章 「春景色」論−「写実」とその解体−
  • 第二部 昭和初年代の川端康成−方法の諸展開−
    • 序 −問題の所在−
    • 第一章 川端康成における「新心理主義」−方法としての〈心理〉−
    • 第二章 「抒情歌」論−「夢」の破れ目−
    • 第三章 「散りぬるを」論−「合作」としての「小説」−
  • 第三部 川端康成の戦後−「新感覚主義」のゆくえ−
    • 序 −問題の所在−
    • 第一章 「反橋」連作論−川端康成の戦後−
    • 第二章 『山の音』論序説−「老い」のモダニズム−
    • 第三章 「無言」論−無言のまはりを廻る−
    • 第四章 戦後の川端テクストにおける〈記憶−忘却〉の方法−「弓浦市」を中心に−