サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

目次

  • 1 序論
    • 1.1 アミノ酸残基の修飾の検出
    • 1.2 前駆体ポリペプチドのプロセシング部位の推定
    • 1.3 翻訳後修飾の機能解析
    • 1.4 翻訳後修飾部位の予測と翻訳後修飾データベース
  • 2 質量分析装置
    • 2.1 イオン化
    • 2.2 質量分析計
    • 2.3 選択的反応モニタリング
    • 2.4 データベース検索による翻訳後修飾の同定
  • 3 翻訳後修飾解析のための試料調製
    • 3.1 試料調製における注意点
    • 3.2 組織
    • 3.3 組織薄切片
    • 3.4 培養細胞
    • 3.5 血漿・血清
  • 4 翻訳後修飾タンパク質の網羅的解析
    • 4.1 リン酸化
    • 4.2 グリコシル化
    • 4.3 N末端修飾
    • 4.4 C末端アミド化
    • 4.5 酸化
    • 4.6 ユビキチン化とSUMO化
    • 4.7 脂質修飾
    • 4.8 ADPリボシル化
    • 4.9 硫酸化
    • 4.10 メチル化
    • 4.11 アセチル化
    • 4.12 ラセミ化
    • 4.13 脱イミノ化(シトルリン化)
    • 4.14 プロセシング
  • 5 デファレンシャルディスプレイ解析
    • 5.1 標識法
    • 5.2 非標識法
    • 5.3 バイオマーカー研究への応用
  • 6 翻訳後修飾の機能
    • 6.1 翻訳後修飾の機能解析に際しての注意点
    • 6.2 翻訳後修飾の同定に基づく機能解析の戦略
    • 6.3 修飾部位特異抗体を利用した翻訳後修飾の場とタイミングの解析
    • 6.4 翻訳後修飾の人為操作による翻訳後修飾の機能解析
    • 6.5 部位特異的変異の導入
    • 6.6 修飾酵素や脱修飾酵素の操作による翻訳後修飾の機能解析
    • 6.7 RNAiを用いた細胞レベルでの機能解析
    • 6.8 遺伝子操作マウスを用いた個体レベルでの機能解析
    • 6.9 アナログ感受性キナーゼ変異体を用いた基質タンパク質の同定と因果関係の証明
  • 7 翻訳後修飾のインフォマティクス
    • 7.1 予測法の原理
    • 7.2 予測ソフトウェア
    • 7.3 翻訳後修飾データベース

遺伝学・バイオテクノロジー ランキング

遺伝学・バイオテクノロジーのランキングをご紹介します一覧を見る