サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 細胞を構成する要素
    • 概論
    • 重要ワード1−A 生物の特性
    • 重要ワード1−B 細胞の構造と機能
    • 重要ワード1−C オルガネラの働き
    • 重要ワード1−D 細菌
    • 重要ワード1−E 糖と脂質
    • 重要ワード1−F 代謝と酵素
    • 重要ワード1−G エネルギー代謝
    • 重要ワード1−H アミノ酸とタンパク質
    • 重要ワード1−I ヌクレオチドと核酸
    • 重要ワード1−J 核酸のトポロジー
    • 重要ワード1−K RNAの機能
  • 第2章 DNAの複製と保持
    • 概論
    • 重要ワード2−A DNAの複製
    • 重要ワード2−B 真核生物の複製
    • 重要ワード2−C DNA合成酵素
    • 重要ワード2−D 複製における末端問題とテロメラーゼ
    • 重要ワード2−E 突然変異とその影響
    • 重要ワード2−F DNA損傷
    • 重要ワード2−G DNAの修復1:除去修復
    • 重要ワード2−H DNAの修復2:直接修復,組換え修復,複製時修復
    • 重要ワード2−I DNAの組換え
  • 第3章 遺伝情報の発現
    • 概論
    • 重要ワード3−A 遺伝子発現と転写
    • 重要ワード3−B 転写後修飾
    • 重要ワード3−C RNAのつなぎかえ「スプライシング」
    • 重要ワード3−D 遺伝コードとアミノアシルtRNA
    • 重要ワード3−E 翻訳機構
    • 重要ワード3−F 翻訳の制御
    • 重要ワード3−G タンパク質の成熟,移送,分解
    • 重要ワード3−H 非コードRNA
    • 重要ワード3−I RNAサイレンシング
  • 第4章 転写制御
    • 概論
    • 重要ワード4−A 大腸菌の転写とオペロン
    • 重要ワード4−B 真核生物の転写開始機構
    • 重要ワード4−C RNAポリメラーゼⅡと転写伸長制御
    • 重要ワード4−D 多様な機能をもつ基本転写因子:TBPとTFⅡH
    • 重要ワード4−E エンハンサーと転写制御因子
    • 重要ワード4−F 刺激応答と転写制御因子の活性調節
    • 重要ワード4−G NF‐κB
    • 重要ワード4−H 核内受容体
    • 重要ワード4−I 転写制御機構
    • 重要ワード4−J クロマチンの修飾
    • 重要ワード4−K エピゲノムとDNAのメチル化
  • 第5章 細菌の分子遺伝学
    • 概論
    • 重要ワード5−A 大腸菌
    • 重要ワード5−B バクテリオファージ
    • 重要ワード5−C プラスミド
    • 重要ワード5−D R因子とF因子
    • 重要ワード5−E 転移性DNA:トランスポゾン
  • 第6章 遺伝子工学
    • 概論
    • 重要ワード6−A 制限酵素
    • 重要ワード6−B DNA組換えとベクター
    • 重要ワード6−C DNA組換え操作
    • 重要ワード6−D 遺伝子クローニング
    • 重要ワード6−E 遺伝子導入(トランジェニック)生物
    • 重要ワード6−F 遺伝子ターゲティング
  • 第7章 分子生物学的技術
    • 概論
    • 重要ワード7−A 核酸の抽出と分離・精製
    • 重要ワード7−B 核酸の標識と検出
    • 重要ワード7−C ハイブリダイゼーション
    • 重要ワード7−D PCR
    • 重要ワード7−E 塩基配列解析:DNAシークエンシング
    • 重要ワード7−F ブロッティング技術:サザンブロッティング,ノザンブロッティング,ウエスタンブロッティング
    • 重要ワード7−G タンパク質相互作用の検出
    • 重要ワード7−H タンパク質−DNA相互作用の検出
    • 重要ワード7−I 全体として解析する:オミクス
    • 重要ワード7−J バイオインフォマティクス
    • 重要ワード7−K 細胞工学,発生工学,再生工学
  • 第8章 真核生物のゲノムとクロマチン
    • 概論
    • 重要ワード8−A ゲノム構成要素
    • 重要ワード8−B 真核生物のトランスポゾン
    • 重要ワード8−C クロマチン
    • 重要ワード8−D 染色体
    • 重要ワード8−E ゲノム構造解析
    • 重要ワード8−F ゲノム機能解析
  • 第9章 細胞の機能維持と情報伝達
    • 概論
    • 重要ワード9−A 細胞骨格系と細胞間相互作用
    • 重要ワード9−B 細胞間シグナル伝達
    • 重要ワード9−C 細胞内シグナル伝達
    • 重要ワード9−D Gタンパク質
    • 重要ワード9−E MAPKカスケード
    • 重要ワード9−F イノシトールリン脂質
    • 重要ワード9−G 受容体近傍にある転写制御因子の活性化
    • 重要ワード9−H ストレス応答
    • 重要ワード9−I 核膜輸送
    • 重要ワード9−J タンパク質のユビキチン化
  • 第10章 細胞の増殖と死
    • 概論
    • 重要ワード10−A 細胞分裂の周期性
    • 重要ワード10−B 細胞周期制御とチェックポイント
    • 重要ワード10−C 細胞増殖抑制因子:p53とRB
    • 重要ワード10−D 減数分裂
    • 重要ワード10−E 細胞の死
    • 重要ワード10−F アポトーシス
  • 第11章 発生と分化
    • 概論
    • 重要ワード11−A 初期発生の過程
    • 重要ワード11−B 体制の決定と分化の制御
    • 重要ワード11−C ホメオボックス遺伝子
    • 重要ワード11−D 幹細胞
    • 重要ワード11−E 再生医療とES細胞,iPS細胞,組織幹細胞
    • 重要ワード11−F 血球細胞の分化
    • 重要ワード11−G 神経系の形成
    • 重要ワード11−H 骨および筋肉の形成
  • 第12章 癌
    • 概論
    • 重要ワード12−A 正常細胞から癌細胞への突然変異
    • 重要ワード12−B ウイルス発癌
    • 重要ワード12−C 発癌と癌抑制にかかわる遺伝子
    • 重要ワード12−D 癌と遺伝
    • 重要ワード12−E 癌幹細胞
    • 重要ワード12−F 癌のエピジェネティクスと染色体不安定性
    • 重要ワード12−G 癌の進展:代謝,生存・増殖,血管新生,浸潤・転移
    • 重要ワード12−H 癌の制圧:免疫療法,分子標的治療,遺伝子治療
  • 第13章 生体制御システムとその破綻
    • 概論
    • 重要ワード13−A 生体防御と免疫
    • 重要ワード13−B 免疫における多様性の獲得と細胞応答
    • 重要ワード13−C 免疫のかたよりや欠陥によって起こる疾患
    • 重要ワード13−D 神経機能
    • 重要ワード13−E 記憶・学習とシナプス可塑性
    • 重要ワード13−F 神経変性疾患とプリオン病
    • 重要ワード13−G 老化と寿命
    • 重要ワード13−H 生活習慣病とメタボリックシンドローム
    • 重要ワード13−I システムバイオロジーと概日リズム