サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

シリーズ現代の生態学 8 森林生態学

シリーズ現代の生態学 8 森林生態学

  • 日本生態学会(編)/ 正木 隆(担当編集委員)/ 相場 慎一郎(担当編集委員)
  • 第1章 森林の分布と環境
    • 1.1 森林の定義と地球上における分布
    • 1.2 生態系の状態決定因子
    • 1.3 気候に基づく植物群系
    • 1.4 植物相に基づく植物区系
    • 1.5 気候や植物相では説明できない変異:地質の影響
  • 第2章 森林の分布と気候変動
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 第四紀の気候変動
    • 2.3 ヨーロッパ大陸の森林の変遷
    • 2.4 北米東部の森林の変遷
    • 2.5 日本列島の森林の変遷
    • 2.6 地球温暖化による森林への影響
  • 第3章 森林の成立と撹乱体制
    • 3.1 撹乱の役割
    • 3.2 撹乱と遷移
    • 3.3 撹乱体制と森林の再生・成立条件
    • 3.4 撹乱と人工林の管理
  • 第4章 森林の遷移
    • 4.1 遷移の定義
    • 4.2 遷移系列
    • 4.3 遷移のメカニズム
    • 4.4 一次遷移と土壌生成
    • 4.5 数百万年の遷移−ハワイ諸島における森林の発達と衰退−
  • 第5章 森林の土壌環境
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 植物の生育環境としての土壌
    • 5.3 森林の養分循環と養分制限機構
  • 第6章 森林の水平構造
    • 6.1 水平構造は生態過程の反映
    • 6.2 上からみた樹木個体は面か点か?
    • 6.3 分布パターンの分類
    • 6.4 分布パターンの見分け方
    • 6.5 空間スケール
    • 6.6 個体間に違いがある場合の水平構造
    • 6.7 樹木個体群の遺伝的な水平構造
    • 6.8 集中分布するデータの統計解析には注意が必要
    • 6.9 観察された分布から生態プロセスを推定できるか?
  • 第7章 森林の垂直構造−樹木の光利用と林冠構造の発達−
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 種の垂直分布と群落動態
    • 7.3 個体の垂直分布と個体間相互作用
    • 7.4 葉の垂直分布と光合成生産
    • 7.5 森林の垂直構造と生産性・多様性
  • 第8章 森林のギャップダイナミクス
    • 8.1 ギャップダイナミクスとは
    • 8.2 ギャップ形成のパターンとプロセス
    • 8.3 ギャップ内の樹木群集の構造・動態
    • 8.4 ギャップ形成が森林生態系に与える影響
    • 8.5 遷移途上におけるギャップ形成
    • 8.6 ギャップダイナミクスからみた種多様性と多種共存機構
  • 第9章 樹木の繁殖と種子散布
    • 9.1 樹木の繁殖
    • 9.2 種子散布
  • 第10章 樹木の個体群動態
    • 10.1 個体群動態とは何か?
    • 10.2 樹木という生物の特徴
    • 10.3 生命表
    • 10.4 成育段階構造
    • 10.5 推移行列モデル
    • 10.6 樹木の個体群動態の推移行列モデル
    • 10.7 推移行列モデルの拡張性
  • 第11章 樹木の個体間競争と種の共存
    • 11.1 はじめに
    • 11.2 樹木個体間競争の解析における数理モデルの役割
    • 11.3 樹木個体間競争の基本概念
    • 11.4 植物の個体群動態と個体間競争
    • 11.5 極相林における樹木個体間の競争様式
    • 11.6 まとめ
  • 第12章 森林と動物との相互作用
    • 12.1 はじめに
    • 12.2 動物にとっての森林の機能
    • 12.3 植物の対植食者戦略−食べられることに対する植物の防御とそのコスト
    • 12.4 植食者が植物および森林へ及ぼす影響
    • 12.5 おわりに
  • 第13章 森林の種多様性
    • 13.1 樹木種の種多様性パターンを解明するためのアプローチ
    • 13.2 群集の中立理論の始まり
    • 13.3 中立理論の仕組み
    • 13.4 統計モデルとしての中立理論
    • 13.5 種子散布と加入の制限
    • 13.6 中立理論からみた森林の歴史的な動態
    • 13.7 機能的に類似した種の拡散的共進化仮説
    • 13.8 森林群集の研究における中立理論の有用性
  • 第14章 森林の物質生産
    • 14.1 はじめに
    • 14.2 物質生産に関与する森林の構造
    • 14.3 森林の物質生産量の推定
    • 14.4 群落レベルへのスケーリングと今後の展開
  • 第15章 森林景観と生態系サービス
    • 15.1 はじめに
    • 15.2 森林景観
    • 15.3 生態系サービス
    • 15.4 森林景観と生態系サービス