サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

ゲーム理論 新版

ゲーム理論 新版

  • 岡田 章(著)
  • 第1章 ゲーム理論とは何か
    • 1.1 ゲーム的状況
    • 1.2 ゲームの基礎概念
    • 1.3 非協力ゲームの理論と協力ゲームの理論
    • 1.4 ゲーム理論の歴史
  • 第2章 戦略形ゲーム
    • 2.1 戦略形ゲームの定義
    • 2.2 ナッシュ均衡点
    • 2.3 混合戦略と期待利得
    • 2.4 均衡点の存在
    • 2.5 均衡点の計算方法
    • 2.6 利得支配とリスク支配
    • 2.7 応用例
  • 第3章 展開形ゲーム
    • 3.1 展開形ゲームの定義
    • 3.2 戦略の概念と均衡点
    • 3.3 ゲームの分解と合成
    • 3.4 完全情報ゲーム
    • 3.5 完全記憶ゲーム
    • 3.6 情報のインフレーション
    • 3.7 応用例
  • 第4章 完全均衡点
    • 4.1 ナッシュ均衡点の意味
    • 4.2 部分ゲーム完全均衡点
    • 4.3 完全均衡点の定義
    • 4.4 最適化原理と逐次均衡点
    • 4.5 存在定理
    • 4.6 完全均衡点と逐次均衡点の計算例
    • 4.7 戦略の支配と安定性
    • 4.8 応用例
  • 第5章 情報不完備ゲーム
    • 5.1 情報不完備ゲームの定式化
    • 5.2 ベイジアン均衡点
    • 5.3 ベイジアン・ゲームの例
    • 5.4 情報構造と知識
    • 5.5 相関均衡点
    • 5.6 メカニズムの顕示原理
    • 5.7 応用例
  • 第6章 繰り返しゲーム
    • 6.1 繰り返し囚人のジレンマ
    • 6.2 繰り返しゲームの定式化
    • 6.3 フォーク定理
    • 6.4 完全フォーク定理
    • 6.5 有限回繰り返しゲーム
    • 6.6 応用例
  • 第7章 期待効用理論
    • 7.1 サンクトペテルブルクのパラドックス
    • 7.2 期待効用の公理系
    • 7.3 期待効用の表現定理と一意性
    • 7.4 リスク回避度
  • 第8章 交渉ゲーム
    • 8.1 交渉問題の定式化
    • 8.2 ナッシュ交渉解の公理
    • 8.3 交渉の非協力ゲーム分析(Ⅰ)
    • 8.4 交渉の非協力ゲーム分析(Ⅱ)
    • 8.5 交渉ゲームの実験
    • 8.6 応用例
  • 第9章 コアの理論
    • 9.1 協力ゲームの定式化
    • 9.2 特性関数の性質
    • 9.3 協力ゲームのコア
    • 9.4 コアの存在条件
    • 9.5 市場ゲーム
    • 9.6 投票ゲーム
    • 9.7 安定集合
    • 9.8 応用例
  • 第10章 他の協力ゲーム解
    • 10.1 シャープレイ値
    • 10.2 シャープレイ値の公理系
    • 10.3 投票力指数
    • 10.4 分配の公正としての仁
    • 10.5 応用例
  • 第11章 進化ゲーム
    • 11.1 進化ゲームの基礎
    • 11.2 進化的に安定な戦略
    • 11.3 レプリケータ動学
    • 11.4 社会進化の動学ゲーム
    • 11.5 応用例
    • 付録
  • 第12章 ゲーム理論のフロンティア
    • 12.1 限定合理性の研究:進化ゲームと学習理論
    • 12.2 ゲーム実験と行動ゲーム理論
    • 12.3 合理的行動の探究とゲーム理論のフロンティア