サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

有機化学

有機化学 (ベーシックマスター)

  • 清水 功雄(共編)/ 只野 金一(共編)
  • 第1章 有機化合物の成り立ち:高校化学の復習から
    • 1.1 有機分子とブロックおもちゃ
    • 1.2 アルカンの命名法
    • 1.3 構造式の描き方あれこれ
    • 1.4 炭化水素の立体配座
    • 1.5 アルケン(オレフィン)の命名法
    • 1.6 立体化学
    • 1.7 種々の官能基と名称
  • 第2章 有機化合物の構造と化学結合
    • 2.1 化学結合
    • 2.2 炭素の混成軌道
    • 2.3 酸と塩基
  • 第3章 有機化学反応の進み方
    • 3.1 有機電子論
    • 3.2 有機反応の分類
    • 3.3 電子の動きの表し方
    • 3.4 反応進行のエネルギー図
    • 3.5 活性化エネルギーと遷移状態
    • 3.6 2−メチル−2−ブテンへのHBr付加反応
  • 第4章 不飽和炭化水素の化学:アルケンとアルキン
    • 4.1 アルケンの立体化学
    • 4.2 アルケンの製法
    • 4.3 ハロゲン化水素のアルケンへの求電子付加
    • 4.4 ハロゲンのアルケンへの求電子付加
    • 4.5 アルケンへの水の付加
    • 4.6 ボランのアルケンへの付加:ヒドロホウ素化
    • 4.7 アルケンの酸化
    • 4.8 アルケンの水素化
    • 4.9 アルキンへの付加
    • 4.10 アセチリドイオンの生成と反応
  • 第5章 ハロゲン化アルキルおよび脂肪族アルコール,エーテル,アルキルハロゲン化物の合成と反応
    • 5.1 炭化水素からハロゲン化アルキルの合成
    • 5.2 アルキルハロゲン化物の反応
    • 5.3 アルコール・エーテルの合成と反応
    • 5.4 アルコール・エーテルの反応
  • 第6章 カルボニル化合物
    • 6.1 アルデヒドとケトンの生成
    • 6.2 アルデヒドとケトンの求核付加反応に対する反応性
    • 6.3 アルデヒド,ケトンの還元(ヒドリド還元剤の求核付加反応)
    • 6.4 Grignard反応剤の求核付加反応
    • 6.5 アセタールの生成
    • 6.6 Wittig反応
    • 6.7 α,β−不飽和アルデヒドやケトンに対する共役付加
    • 6.8 アルデヒドとケトンの酸化
    • 6.9 カルボン酸誘導体の化学:求核アシル置換反応
    • 6.10 エステルの加水分解反応
    • 6.11 エステルの還元
    • 6.12 エステルとGrignard反応剤との反応
    • 6.13 カルボン酸のエステル化反応:Fischerのエステル化
    • 6.14 酸塩化物の反応
    • 6.15 アミドの反応
    • 6.16 ニトリルの反応
  • 第7章 エノラート:カルボアニオンの生成と炭素−炭素結合生成
    • 7.1 エノール,エノラートの生成
    • 7.2 α−ハロゲン化反応
    • 7.3 α−アルキル化反応
    • 7.4 活性メチレン化合物のα−アルキル化反応
    • 7.5 単純なケトンからのエノラート生成とα−アルキル化反応
    • 7.6 アルドール縮合
    • 7.7 分子内アルドール反応
    • 7.8 エノラートの共役付加反応(Michael付加反応)
    • 7.9 イミン,エナミンの生成と反応
    • 7.10 エステルの縮合反応
  • 第8章 芳香族化合物の性質と反応
    • 8.1 芳香族化合物の特徴
    • 8.2 芳香族性
    • 8.3 芳香環への求電子置換反応
    • 8.4 電子移動を伴う反応
    • 8.5 芳香環側鎖での反応
    • 8.6 芳香族求核置換反応
  • 第9章 アミンと複素環化合物
    • 9.1 様々なアミンと塩基性
    • 9.2 アンモニアやアミンのアルキル化
    • 9.3 アミンのアシル化とアミドの還元によるアミンの合成
    • 9.4 アルデヒドやケトンとの反応
    • 9.5 ハロゲン化アルキルとの反応によるアミンの合成
    • 9.6 アリールアミンの合成と反応
    • 9.7 転位反応によるアミン類の合成
    • 9.8 オキシムの生成とBeckmann転位
  • 第10章 構造決定法
    • 10.1 1H核磁気共鳴スペクトル(1H NMR)
    • 10.2 13C NMR
    • 10.3 赤外線吸収スペクトル(IR)
    • 10.4 紫外線吸収スペクトル
    • 10.5 質量分析
  • 第11章 有機ヘテロ原子化合物
    • 11.1 13族元素を含む反応剤の利用
    • 11.2 14族元素を含む試剤の利用
    • 11.3 15族元素を含む試剤の利用
    • 11.4 16族元素を含む試剤の利用
    • 11.5 17族元素を含む試剤の利用
    • 11.6 有機遷移金属化合物の利用
  • 第12章 立体化学と不斉合成
    • 12.1 立体化学
    • 12.2 鏡像異性体を選択的に得る方法
  • 第13章 軌道の相互作用による反応
    • 13.1 有機軌道論
    • 13.2 フロンティア軌道と軌道相互作用
    • 13.3 環化付加反応
    • 13.4 電子環状反応
    • 13.5 シグマトロピー転位
  • 第14章 有機合成化学
    • 14.1 合成の計画
    • 14.2 炭素−炭素単結合の形成
    • 14.3 炭素−炭素不飽和結合の形成
    • 14.4 炭素環状骨格の形成
    • 14.5 多段階合成
  • 第15章 生体分子
    • 15.1 アミノ酸,ペプチド,タンパク質
    • 15.2 核酸と遺伝子工学
    • 15.3 糖質
    • 15.4 脂質
  • 第16章 合成高分子
    • 16.1 高分子の構造と性質
    • 16.2 高分子の合成
    • 16.3 機能性高分子