サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 本書の概要
    • 1 「闘病記」について
    • 2 研究の対象と方法
    • 3 先行研究
    • 4 本研究の意義
    • 5 本書の構成
  • 第1章 闘病記をめぐる社会的背景
    • 1 闘病記への関心の高まり
    • 2 闘病記出版数の増加の要因
    • 3 ナラティヴ・ベイスト・メディスンへの動き
  • 第2章 闘病記の系譜
    • 1 闘病記の歴史
    • 2 がん闘病記の変遷−「告知」を中心に
  • 第3章 「アウェアネス理論」からみるがん闘病記
    • 1 『死のアウェアネス理論と看護−死の認識と終末期ケア』について
    • 2 「終末認識」と相互作用−グレイザーとストラウスによる「認識文脈」
    • 3 「閉鎖」認識と「告知」以前の闘病記
    • 4 「疑念」認識と児玉隆也『ガン病棟の九十九日』
    • 5 「相互虚偽」認識
    • 6 「オープン」認識−「告知」以後の闘病記
    • 7 新たな時代へ
  • 第4章 がん闘病記と5つの語り
    • 1 がん闘病記について
    • 2 調査の概要
    • 3 回復の語り
    • 4 衝撃の語り
    • 5 混沌の語り
    • 6 探求の語り
    • 7 達観の語り
    • 8 5つの語りと「死」
    • 9 語りの変容と現代社会
  • 第5章 乳がん闘病記をめぐって
    • 1 闘病記にみるジェンダー
    • 2 個人にみる変容−小倉恒子医師と8冊の闘病記
  • 第6章 グリーフワークとしての闘病記−家族が書く闘病記
    • 1 患者本人以外の闘病記
    • 2 闘病記とグリーフワークについて
    • 3 遺族によって書かれた闘病記の諸相
    • 4 「闘病記」からみるグリーフワーク
    • 5 死別による喪失を書くという作業
  • 第7章 テキスト化する闘病記と新たな役割
    • 1 闘病記の参考書的役割
    • 2 闘病記をめぐるコミュニティの形成−星野周子『いのちに限りが見えたとき』をめぐって
    • 3 闘病記と「いのちの教育」
    • 4 闘病記の発展可能性−闘病記を用いたグリーフケアへの応用
  • 第8章 生きる力に−現代における闘病記の意義
    • 1 患者本人が闘病記を書くことの意味
    • 2 現代における闘病記の意義
  • 終章 闘病記という物語