サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

建築構法

建築構法 (わかる建築学)

  • 安達 洋(編)/ 丸田 榮藏(編)/ 安達 俊夫(著)/ 岡田 章(著)/ 北嶋 圭二(著)/ 田嶋 和樹(著)/ 八島 信良(著)/ 山田 雅一(著)
  • 第1章 建築構造設計の考え方と構造計算法
    • 1・1 建築構造の基本的な性質
    • 1・2 建築物の構造設計に関する法的な位置づけ
    • 1・3 建築物に作用する荷重・外力
    • 1・4 構造計算法
  • 第2章 構造材料
    • 2・1 木材
    • 2・2 コンクリート
    • 2・3 鋼材
    • 2・4 その他の材料
  • 第3章 木構造
    • 3・1 木構造の設計
    • 3・2 構造規定
    • 3・3 許容応力度
    • 3・4 部材の設計
  • 第4章 鋼構造1
    • 4・1 鉄骨構造の特徴
    • 4・2 鋼材の種類と性質
    • 4・3 許容応力度
    • 4・4 たわみ制限
    • 4・5 接合法
  • 第5章 鋼構造2
    • 5・1 引張材
    • 5・2 圧縮材
    • 5・3 曲げ材
    • 5・4 接合部
    • 5・5 柱脚
  • 第6章 鉄筋コンクリート構造1
    • 6・1 鉄筋コンクリート(RC)の歴史
    • 6・2 RCの特徴
    • 6・3 材料の力学的性質と許容応力度
    • 6・4 梁の曲げに対する断面算定
    • 6・5 柱の軸方向力と曲げに対する設計
  • 第7章 鉄筋コンクリート構造2
    • 7・1 梁・柱および柱梁接合部のせん断補強
    • 7・2 付着,定着および継手
    • 7・3 床スラブ
    • 7・4 壁部材
  • 第8章 合成構造(SRC,CFT)
    • 8・1 合成構造の種類
    • 8・2 SRC構造およびCFT構造の基礎知識
    • 8・3 SRC構造の細則
    • 8・4 SRC部材の剛性評価と応力・変形算定
    • 8・5 施工時応力の検討
    • 8・6 許容応力度
    • 8・7 累加強度式に基づくSRC構造の設計
    • 8・8 SRC梁の設計
    • 8・9 SRC柱の設計
    • 8・10 SRC柱梁接合部の設計
    • 8・11 SRC柱脚の設計
    • 8・12 CFT柱の設計
  • 第9章 土と地盤の基礎知識
    • 9・1 土の性質
    • 9・2 地盤調査
    • 9・3 土圧
    • 9・4 地中応力
  • 第10章 基礎構造
    • 10・1 直接基礎
    • 10・2 杭基礎
    • 10・3 併用基礎
  • 第11章 各部構造
    • 11・1 屋根
    • 11・2 壁
    • 11・3 天井
    • 11・4 開口部(窓)
  • 第12章 空間構造
    • 12・1 空間構造と大スパン構造
    • 12・2 ケーブル構造
    • 12・3 張弦梁構造
  • 第13章 免震・制振構造
    • 13・1 免震・制振構造の概要
    • 13・2 免震構造
    • 13・3 制振構造
  • 第14章 耐震診断・耐震補強
    • 14・1 被災度判定
    • 14・2 耐震診断
    • 14・3 耐震補強
  • 第15章 演習問題