サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • 序章 なぜおしゃべり・雑談を問うのか
    • 1 問題の所在
    • 2 本書の目的と方法
  • 第1章 戦後の民主化における社会教育での話し合いの課題
    • 1 GHQおよび文部省が進めた民主主義と話し合い
    • 2 女性の学習として重視された「話し合い学習」の始まりと展開
    • 3 「話し合い学習」の意義をめぐる論争
  • 第2章 思考と判断を保障するおしゃべり・雑談の意味
    • 1 千葉県銚子市の〈話し合いグループ〉の活動が示す意味
    • 2 思考と判断を保障するおしゃべり・雑談の意味
    • 3 女たちの公共的な空間
  • 第3章 人々の話し合いを保障する営みとしての講
    • 1 講の始まりと「ハレ」(公事)との関係
    • 2 人々が下からつくる公共的なものとしての講
    • 3 戦後サークル研究に見られる講の積極的な位置づけ
    • 4 「話に花が咲く」経験の重要性
  • 第4章 明治期の近代化と講の成立条件の破壊
    • 1 明治期における近代化と講
    • 2 宗教・信仰の改変における講および人々の集まりの位置づけ
    • 3 人々に息づいてきた生活文化の禁止と変容
    • 4 地方改良運動による講の成立条件の破壊
  • 終章 なぜ講は否定されてきたのか