サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

  • 序章 源氏研究及び講義の概略
    • 第一節 源氏研究の概要
    • 第二節 講義の概略
  • 第一部 評論的源氏研究とその周辺
  • 第一章 歌人の創作意識と「まこと」
    • 第一節 『あしわけをぶね』冒頭の実情論
    • 第二節 宣長以前の性情観と「まこと」観
    • 第三節 『あしわけをぶね』の人情論と擬古歌論
    • 第四節 宣長歌論における「詞の文」と「風雅」
  • 第二章 「物のあはれを知る」ことの意義
    • 第一節 寓言論的物語観と宣長
    • 第二節 蛍巻の物語論の解釈
    • 第三節 「物のあはれを知る」説の基本構造
    • 第四節 「物のあはれを知る」説の共感の心理
    • 第五節 物語論としての「物のあはれを知る」説
    • 第六節 『源氏物語』の「本意」と作り物語の存在意義
  • 第三章 「物のあはれ」と勧善懲悪
    • 第一節 勧善懲悪的源氏観と宣長
    • 第二節 「よき人」として設定された作中人物
    • 第三節 「よき人」と「物のあはれ」
    • 第四節 「あしき人」設定の意味
    • 第五節 物語装置としての「勧善懲悪」
  • 第四章 『手枕』の人物造型
    • 第一節 『手枕』について
    • 第二節 六条御息所の人物造型
    • 第三節 『手枕』における人物造型の特徴
    • 第四節 理想化された人物造型と創作意図
  • 第五章 本居宣長と人情主義
    • 第一節 人情主義の歴史的意義
    • 第二節 宣長の人情観と仁斎・東涯・徂徠
    • 第三節 堀景山の人情説との関係
    • 第四節 景山説の批判的受容
    • 第五節 「女童心」の説
    • 第六節 「物のあはれを知る」説の人情論的特質と史的意義
  • 第六章 「物のあはれ」と宣長の自他意識
    • 第一節 宣長と蘆庵
    • 第二節 表現対象との「隔絶」の意識
    • 第三節 島獣の歌と人間の歌
    • 第四節 「物のあはれ」「女童心」と宣長の自他意識
    • 第五節 理知的精神としての“思いやる心”
    • 第六節 宣長の実人生と“思いやる心”
  • 第二部 文献学的源氏研究と注釈
  • 第一章 宣長手沢本『湖月抄』書入について
    • 第一節 宣長手沢本『湖月抄』の概略
    • 第二節 『湖月抄』書入中の引用・参照書目
    • 第三節 諸抄の書入と『首書源氏物語』
    • 第四節 宣長自説書入及び弟子説書入について
  • 第二章 手沢本『湖月抄』書入と源氏研究著書
    • 第一節 『紫文要領』との関係
    • 第二節 『源氏物語年紀考』との関係
    • 第三節 『玉の小櫛』注釈部との関係
    • 第四節 注釈書としての手沢本『湖月抄』
  • 第三章 『源氏物語抜書』解題・考証と翻刻
    • 第一節 本居宣長記念館所蔵断簡資料二種類について
    • 第二節 『源氏物語抜書』其之一・其之二の概要
    • 第三節 其之一(1)と其之二の関係
    • 第四節 『紫文要領』執筆ノートであることの検証
    • 〈翻刻凡例〉及び〈翻刻〉
  • 第四章 『源氏物語抜書』から『紫文要領』へ
    • 第一節 『源氏物語抜書』第二次ノートの分類
    • 第二節 テーマごとの抜書と『紫文要領』大意之事
    • 第三節 「蛍巻の物語論」部分の形成過程
    • 第四節 覚書・メモの類と『紫文要領』
    • 第五節 学問方法としての「抜書」
  • 第五章 宣長の『源氏物語』年立研究
    • 第一節 匂宮巻以降の年立の修訂と小冊子『源氏年紀考』
    • 第二節 小冊子『源氏年紀考』中の年紀説
    • 第三節 年立研究の意義
  • 第六章 宣長の『源氏物語』本文研究
    • 第一節 源氏本文についての宣長の基本認識
    • 第二節 手沢本『湖月抄』書入と基礎的本文研究
    • 第三節 『玉の小櫛』四の巻における本文校訂
    • 第四節 『玉の小櫛』注釈部における本文研究の手法
    • 第五節 本文研究の特質とその背景
  • 第七章 『玉の小櫛』注釈部の源氏観
    • 第一節 「すべて此物語」等の言説と「物のあはれを知る」説
    • 第二節 「作り物語」(虚構)の意識と作品特性の指摘
    • 第三節 写実的特性の認識
    • 第四節 准拠・作中和歌・描写表現について
    • 第五節 「あはれ」の虚構世界とリアリティ
  • 終章 宣長にとっての『源氏物語』
    • 第一節 紫式部への視座
    • 第二節 今井田家養子時代まで
    • 第三節 和歌及び『源氏物語』との邂逅
    • 第四節 浄土信仰と医業
    • 第五節 宣長にとっての『源氏物語』