サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 〈序章〉江戸時代の京都の火事
  • 〈第一章〉京都の消防指揮権
    • 第一節 大名火消は京都の消防司令官だったのか?
    • 第二節 所司代−町奉行−町奉行所の消防
    • 第三節 町奉行の指揮権の検証
    • 第四節 まとめ、火事場の指揮官は月番町奉行
    • 付記 愛宕さんの火難除け
  • 〈第二章〉京都の町火消
    • 第一節 京都の町火消はいつも逃げ隠れ?
    • 第二節 江戸時代初期町火消の成立
    • 第三節 江戸時代前期町火消の整備
    • 第四節 江戸時代中期町火消の改革
    • 第五節 町火消という制度における町人消防の評価
    • 第六節 江戸時代後期町火消の廃止と実際
    • 第七節 町火消の体制
    • 第八節 町人の消防姿
    • 第九節 まとめ、町火消は大切之御事に御座候
    • 付記 明治初頭の町火消
  • 〈第三章〉譜代藩の禁裏御所方火消と京都火消
    • 第一節 その働き、鬼神のごとし
    • 第二節 京都の大名火消の制度的変遷
    • 第三節 『京都火之御番諸事覚』にみる亀山藩の消防方針
    • 第四節 亀山藩大目付『勤用式』にみる京都火消の往還
    • 第五節 「町方火事場定」にみる亀山藩の町家消防手順
    • 第六節 京都火消は町々の火事に有効だったのか
    • 第七節 まとめ、最初防ぎ候場所は捨て置き
    • 付記 京都火消の守り神
  • 〈第四章〉御所群は京都で最重要の消防対象
    • 第一節 最重要の消防対象とは?
    • 第二節 御所の消防と所司代の役割に関する先行研究
    • 第三節 町奉行所が直接指揮する人足
    • 第四節 御所の消防に関する町奉行所の方針と所司代の役割
    • 第五節 まとめ、極意は禁裏守護
    • 付記一 出火者の処分目的
    • 付記二 公家町の守り狐
  • 〈第五章〉畿内・近江小藩の京都火消、京都常火消
    • 第一節 遠路はるばる京都の火役
    • 第二節 史料からみる京都火消
    • 第三節 史料からみる京都常火消
    • 第四節 建物構成からみる京都火消と京都常火消
    • 第五節 まとめ、短命に終った畿内・近江小藩の大名火消
    • 付記 畿内・近江小藩の消防の永続性
  • 〈第六章〉妙法院御火消という寺社火消の実態
    • 第一節 お坊さんの消防ではない寺社火消とは?
    • 第二節 大名火消が記録する妙法院火消
    • 第三節 享保七年の消防改革以前
    • 第四節 享保七年の京都の消防改革と妙法院火消
    • 第五節 消防改革以降の妙法院火消
    • 第六節 まとめ、妙門様御人数消しおり候
    • 付記 全国の町家に最大被害をあたえた火事
  • 〈第七章〉東塩小路村百姓の消防と京都代官所
    • 第一節 丸太や農具で打ち砕く消防とは?
    • 第二節 京都近郊農村の消防分担
    • 第三節 洛中農村の消防記録
    • 第四節 元治大火における東塩小路村の百姓消防
    • 第五節 東塩小路村百姓と京都の消防との関わり
    • 第六節 まとめ、ここを最後と防ぎ候
    • 付記 龍吐水というもの
  • 〈第八章〉町家の軒先の板、京都にだけあった火消拒否のしるし
    • 第一節 町家の軒先に立つ板は何のため?
    • 第二節 軒先の板の性格
    • 第三節 絵画史料の再検討
    • 第四節 町奉行所の触書にみる諸役免除札・寄宿免除札
    • 第五節 諸役免除札の動向
    • 第六節 まとめ、うちの屋根に上がらんといて、の栅
    • 付記 諸役免除の廃止とその後
  • 〈第九章〉町家の看板、京都の設置許可申請は火消のため
    • 第一節 看板が火消衆の邪魔になる?
    • 第二節 看板の種類
    • 第三節 大坂の看板設置許可申請
    • 第四節 京都の看板に関わる申請例
    • 第五節 京都の看板に関わる町奉行所の触書
    • 第六節 本章のまとめ、看板は往来の妨にならざる様
    • 付記 京都の町家と京町家
  • 〈第一〇章〉江戸時代の京都の木戸門
    • 第一節 京都の木戸門の役割
    • 第二節 絵画史料にみる門柱の掘立と控柱
    • 第三節 木戸門普請史料にみる控柱の有無と基礎
    • 第四節 福長町の木戸門の控柱と基礎
    • 第五節 まとめ、京都の木戸門の形式変化
    • 付記 六本構造の木戸門と評価された中世の発掘遺構
  • 〈第一一章〉木戸門の場所は、町域の境界ではなく支配の境界
    • 第一節 二種類の四辻、知られざる発生経緯
    • 第二節 『三条衣棚町文書』にみる木戸門
    • 第三節 一町の支配がおおう四辻
    • 第四節 二種類の四辻が生まれたわけ
    • 第五節 まとめ、天正突抜で生まれた新型四辻
    • 付記 近代初頭の軒役の変質
  • 〈第一二章〉祇園祭の山鉾巡行と木戸門
    • 第一節 群衆の海をいく山鉾と木戸門の関係とは?
    • 第二節 町奉行所の触書にみる木戸門の設置と維持管理
    • 第三節 四条通の凾谷鉾町の木戸門取り外し
    • 第四節 木戸門脇塀と鉾の相対関係
    • 第五節 特別扱いであった四条通沿いの木戸門
    • 第六節 まとめ、京都だから許された木戸門の取り外し
    • 付記 木戸門修理中の須戸の形式
  • 〈結章〉京都の町家と火消衆
    • 第一節 古代から中世の小家と棟割長屋
    • 第二節 近世初頭から宝永大火までの町家と火消・木戸門
    • 第三節 享保改革後の町家と火消・木戸門
    • 第四節 町奉行所に所属する専門人足の雇用
    • 第五節 譜代藩の大名火消制度
    • 第六節 天明大火と京都
    • 第七節 御所という存在
    • 第八節 明治維新後の状況と木戸門の消滅
    • 第九節 結び、近世京都の都市空間構造