サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

  • 第1章 コミュニケーション・ディスクレパンシー研究の問題点
    • 1.コミュニケーション・ディスクレパンシーと意見変容の関係
    • 2.アメリカにおける研究事例
    • 3.ブーメラン効果の意味
    • 4.従来の研究の問題点
    • 5.ディスクレパンシー仮説と諸研究結果の間の隔たり
    • 6.研究結果の混乱の原因および今後の問題点
  • 第2章 従来の諸理論による予測
    • 1.認知的不協和理論による予測
    • 2.社会判断理論による予測
    • 3.心理的リアクタンス理論による予測
  • 第3章 「認知の陰陽理論」による予測
    • 1.万物の二面性
    • 2.認知の二面性
    • 3.極端な立場に立つコミュニケーションを呈示した場合
    • 4.マイルドなコミュニケーションを呈示した場合の諸理論からの予測
    • 5.マイルドなコミュニケーションを呈示した場合の認知の陰陽理論からの予測
    • 6.潜在的態度と顕在的態度
  • 第4章 筆者らによる一連の研究
    • 1.意見の食い違いと態度変容
    • 2.態度変容の決定要因としてのディスクレパンシー及び自我関与
    • 3.コミュニケーション・ディスクレパンシーの意見変容及び信憑性評価変容に及ぼす効果
    • 4.コミュニケーション・ディスクレパンシー及びコミュニケーションの唱導方向の意見変容に及ぼす効果
    • 5.説得的コミュニケーション呈示後のブーメラン効果発生の条件の量的分析及びその質的分析による解釈
    • 6.説得的コミュニケーションがマイルドな立場を主張した場合のコミュニケーション・ディスクレパンシーと意見変容の関係
    • 7.コミュニケーション・ディスクレパンシーと心理的リアクタンスの意見変容に及ぼす効果
    • 8.ドイツ人学生を被験者としたコミュニケーション・ディスクレパンシーと意見変容の関係
    • 9.コミュニケーション・ディスクレパンシーと態度変容の関係に関する実験的検討
    • 10.教室実験において受け手が知覚したディスクレパンシーと意見変容の関係
    • 11.日常事態における,受け手に知覚されたコミュニケーション・ディスクレパンシーと意見変容
    • 12.真の日常会話場面におけるブーメラン効果発生の理由に関する研究
    • 13.マスメディアの報道と「認知の陰陽理論」
    • 14.4章のまとめ…研究の進展の軌跡
  • 第5章 「認知の陰陽理論」による既存の説得テクニックの解釈及び認知の陰陽理論の応用
    • 1.認知の陰陽理論による既存の説得テクニックの解釈
    • 2.認知の陰陽理論の応用
  • 第6章 何故「陰陽理論」なのか?
    • 1.何故陰陽理論なのか?
    • 2.桐谷(2011)が探索した事例
    • 3.その他の研究者による事例
    • 4.究極物質
    • 5.陰陽理論は究極理論である
    • 6.複雑系と単純系
  • 第7章 「認知の陰陽理論」だけが陰陽理論的か
    • 1.「認知の陰陽理論」と類似している西洋生まれの理論
    • 2.「認知の陰陽理論」と従来の態度変容理論の類似点
  • 第8章 認知の陰陽理論の詳細
    • 1.認知の陰陽理論と「気」の哲学
    • 2.認知の陰陽理論の5つの定理
    • 3.究極理論であり超巨大理論でもある陰陽理論が予測するもの
    • 4.陰陽理論による基本原理から派生する基本的予測
    • 5.認知の陰陽理論の命題1〜56
  • 第9章 English Summary of Yin and Yang Theory of Cognition Published in 2004.