サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 問題の所在
    • 1.博物館というイデオロギー
    • 2.博物館活動における「行為する主体」の見直し
    • 3.博物館が抱える問題構造
    • 4.近代的博物館像,消費する市民像/利用者像の克服は可能か
  • 第1章 本論の概要
    • 1.本論の目的と視点
    • 2.研究対象の設定
    • 3.本論の研究対象となる市町村立博物館の現況
    • 4.本論の研究方法
    • 5.本論の構成
  • 第1部 博物館活動と市民の関係性をめぐる議論の源流
  • 第2章 つくられる博物館像
    • 1.拡張化していく博物館像:自治体による博物館の位置づけ
    • 2.日本における博物館像の歴史的変遷
    • 3.理想とする博物館像の模索:博物館研究からのアプローチ
    • 4.考察
  • 第3章 博物館活動に対する市民の関わり
    • 1.問題の所在と目的
    • 2.なぜ市民との関わりが問われるのか
    • 3.市民との関わりを示す言葉
    • 4.博物館は誰と共に活動を行っていくのか:博物館研究からの指摘
    • 5.博物館と市民の関わりについての政策/制度的位置づけ
  • 第4章 市民との関わりを持つ博物館活動の全体像
    • 1.本章の目的
    • 2.調査の概要
    • 3.結果と分析:市民との関わりを持つ活動枠組みとその特徴
    • 4.考察
  • 第5章 博物館による市民像/利用者像の把握
    • 1.本章の目的
    • 2.利用者像の把握に向けた研究
    • 3.「コミュニケーション理論」と「来館者研究」
    • 4.博物館でのボランティア活動の実態
    • 5.博物館でのボランティア活動をめぐる先行研究
    • 6.博物館において「ボランティア」を論じる困難
  • 第2部 博物館活動の脱構築と再構築に向けた理論的基盤
  • 第6章 市民の知識と専門性をめぐる議論の実態と課題:「市民の知」という可能性
    • 1.問題の所在と目的
    • 2.博物館における学芸員の立場と専門性
    • 3.なぜ市民の知識/専門性が問われるのか
    • 4.市民の知識/専門性の論じられ方
    • 5.「市民の知」を問うための視座:専門性/専門知との対比からの脱却
    • 6.性質としての「アマチュアリズム」
  • 第7章 博物館における多元的「リテラシー」論の適用性と課題
    • 1.問題の所在と目的
    • 2.博物館における多元的「リテラシー」論の解釈内容と背景
    • 3.意図された「リテラシー」論の課題
    • 4.博物館における「リテラシー」論をめぐる論点と課題の整理
    • 5.結論:博物館における「リテラシー」論の再構築
  • 第8章 活動理論からの博物館活勤の把握
    • 1.本章の目的
    • 2.活動理論の概要
    • 3.活動理論を分析に用いる理由/意義
    • 4.活動理論にもとづいた従来の博物館活動の把握
    • 5.新たな活動に向けた脱構築のきっかけはどこにあるのか
    • 6.活動理論と「アプロプリエーション」概念の関連
  • 第3部 「市民の知」のあり方と博物館活動の再構築
  • 第9章 博物館における「市民調査」論の諸相と新たな射程
    • 1.問題の所在と目的
    • 2.「市民調査」論の位相
    • 3.博物館における「市民調査」論の背景
    • 4.博物館における「ボランティア」論としての「市民調査」論
    • 5.博物館における「市民調査」論の新たな射程:社会的機能の問い直しという文脈からの提起
    • 6.本章の総括
  • 第10章 美術館における調査活動を通じた「市民の知」のあり方と根拠
    • 1.問題の所在と目的
    • 2.本論で扱う市民の「知」のあり方
    • 3.本研究の調査方法
    • 4.結果と分析
    • 5.結論:「市民の知」のあり方と根拠
  • 第11章 活動理論による「市民調査」活動システムの分析:博物館活動の再構築
    • 1.問題の所在と目的
    • 2.分析方法
    • 3.大貫松三展開催以前の活動システムの分析と結果
    • 4.大貫松三展開催に向けた「市民調査」活動システムの分析
    • 5.結論:脱構築的活動が従来の博物館活動にもたらす変革
  • 終章 総合考察
    • 1.各章から得られた知見
    • 2.本論の目的に対する結論と総合考察
    • 3.本論の理論的/実践的意義
    • 4.今後に残された課題