サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 序章 破綻あるいは失敗の美学/倫理−イギリス・モダニズム文学と精神分析
  • 第Ⅰ部 ヴァージニア・ウルフ/歴史
    • 第一章 欲動の美学化とその不満−『ダロウェイ夫人』と「快感原則の彼岸」
    • 第二章 ラディカルな「内部」としての「外部」−『灯台へ』とメラニー・クライン
  • 第Ⅱ部 ブルームズベリー/クライン/フロイト
    • 第三章 「母」を巡るメタ心理学−ブルームズベリー、クライン、モダニズム
    • 第四章 リットン・ストレイチーのクイア的自己成型−『エリザベスとエセックス』
  • 第Ⅲ部 戦争/文学/メタ心理学
    • 第五章 不在の戦争、あるいは享楽の反復−キャサリン・マンスフィールド「至福」
    • 第六章 心に開いた生の傷−メイ・シンクレアの『ロマンティック』を読む
    • 第七章 共同体とエロス、あるいは死の欲動の美学化−ウィリアムズ、エンプソン、フロイトの交錯点
  • エピローグ ラディカル・クライン