サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 序章 アメリカ「教育官僚制」研究の意義と課題
    • 第1節 なぜ「教育官僚制」研究か
    • 第2節 研究における「アメリカ」の意味
    • 第3節 官僚制と民主主義
    • 第4節 研究課題と方法
  • 第1部 アメリカにおける教育官僚制の歴史的考察
  • 第1章 アメリカの官僚制の形成と成長
    • 第1節 官僚制の胎動
    • 第2節 ジャクソニアン・デモクラシーと官僚制
    • 第3節 官僚制の確立
  • 第2章 アメリカの教育官僚制の成立と発展
    • 第1節 教育における初期官僚制の形成
    • 第2節 教育官僚制の確立
    • 第3節 進歩主義教育運動と官僚制の発展
  • 第2部 アメリカにおける教育官僚制の制度論的考察
  • 第1章 教育官僚制の制度論的分析
    • 第1節 制度理論と官僚制研究
    • 第2節 教育官僚制の形成要因
  • 第2章 官僚制と権力
    • 第1節 ストリート・レベルの官僚制
    • 第2節 「クライエント支配」と権力
    • 第3節 ヒューマン・サービス組織をめぐる権力関係
  • 第3章 制度論の展開と社会運動
    • 第1節 制度理論の新たな発展
    • 第2節 社会運動と官僚制
  • 第3部 教育官僚制とその克服に関する法的考察
  • 第1章 教育宮僚制克服へのリベラリズム・アプローチ
    • 第1節 手続的デュー・プロセスと官僚制
    • 第2節 「全障害児教育法」成立の背景
    • 第3節 「全障害児教育法」に見る手続的権利保障
    • 第4節 司法モデルの手続保障の効果と限界
  • 第2章 ADR運動の可能性と課題
    • 第1節 リベラリズム・アプローチからADRへ
    • 第2節 行政紛争解決法に見るADRの意味と課題
    • 第3節 障害児教育におけるADRおよびメディエーションの意義
    • 第4節 メディエーションの実際とその効果
    • 第5節 ADRおよびメディエーションの発展と課題
  • 終章 本研究の成果と今後の課題