サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 序章 進展する「IRの定義」
  • 第1章 米国公平開示規則(Reg.FD)の進展
    • Ⅰ 公平開示規則の施行(2000年10月)
    • Ⅱ 公平開示規則の進展
    • Ⅲ ソーシャルメディアの登場とIR
  • 第2章 ルイス・トンプソンとIR活動の進展
    • Ⅰ NIRIのIR実務基準
    • Ⅱ トンプソンが語る「IR活動の現況と将来の展望」
    • Ⅲ トンプソンが語る「インターネット時代のIR活動」
  • 第3章 米証券取引委員会(SEC)委員長のリーダーシップ
    • Ⅰ アーサー・レビット委員長
    • Ⅱ ハーベイ・ビット委員長
    • Ⅲ ウィリアム・H・ドナルドソン委員長
    • Ⅳ クリストファー・コックス委員長
  • 第4章 国境を超えて広がるIR活動
    • Ⅰ 国際IR連盟(IIRF)の歩みとグローバルIRネットワーク(GIRN)への改組
    • Ⅱ IIRF「株主トランスパランシー」プロジェクト(1)
    • Ⅲ 株主式判明調査
    • Ⅳ IIRF「株主トランスパランシー」プロジェクト(2)
    • Ⅴ 英米のIR協会が求める投資家の「空売り」ポジション公開
  • 第5章 IR支援会社の買収劇
    • Ⅰ トムソン、米IRウェブキャスティング最大手CCBNを買収
    • Ⅱ 米議決権行使助言会社の買収劇
    • Ⅲ 買収されたISS、グラス・ルイス
    • Ⅳ 年金ファンドが参入する議決権行使助言サービス
  • 第6章 英米企業IRの現場から
    • Ⅰ 英米IR現場のアクティビスト対応
    • Ⅱ 米企業の業績予想ガイダンス
    • Ⅲ 英国IR協会の「ベストプラクティス・ガイドライン」
  • 第7章 証券取引所のIR支援強化
    • Ⅰ 米ナスダック、IR大手シェアホルダー・ドット・コムを買収
    • Ⅱ ロンドン証券取引所の『IR実務ガイド』
    • Ⅲ 「ORPHAN STOCK(孤児株)」に立ち向かうナスダックの挑戦
    • Ⅳ ロンドン証券取引所が仕掛けるアナリスト・カバレッジ拡大
    • Ⅴ 日本企業のアナリスト・カバレッジ現状と挑戦

広告・宣伝 ランキング

広告・宣伝のランキングをご紹介します一覧を見る