サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

基礎からの電気回路論

基礎からの電気回路論

  • 清水 教之(共著)/ 村本 裕二(共著)/ 中條 渉(共著)/ 伊藤 昌文(共著)/ 飯岡 大輔(共著)
  • 1.回路の基礎
    • 1.1 オームの法則
    • 1.2 直流回路
    • 1.3 キルヒホッフの法則
    • 演習問題
  • 2.正弦波交流と回路素子
    • 2.1 正弦波交流
    • 2.2 正弦波交流の表し方
    • 2.3 平均値と実効値
    • 2.4 回路素子とその性質
    • 演習問題
  • 3.記号法とインピーダンス
    • 3.1 微分方程式を使った回路計算
    • 3.2 記号法
    • 3.3 インピーダンスとアドミタンス
    • 演習問題
  • 4.電力と力率
    • 4.1 瞬時電力とその平均
    • 4.2 電力と力率
    • 4.3 複素電力
    • 4.4 力率の改善
    • 演習問題
  • 5.回路方程式
    • 5.1 キルヒホッフの法則による回路網の解き方
    • 5.2 クラメールの方法
    • 5.3 回路網の解析
    • 演習問題
  • 6.回路と諸定理
    • 6.1 重ね合わせの理
    • 6.2 テブナンの定理
    • 6.3 ノートンの定理
    • 6.4 帆足−ミルマンの定理
    • 6.5 補償の定理
    • 6.6 相反の定理
    • 6.7 ブリッジ回路
    • 6.8 最大電力供給の定理
    • 6.9 Δ(三角)結線とY(星形)結線の等価変換
    • 演習問題
  • 7.相互インダクタンス
    • 7.1 自己インダクタンスと相互インダクタンス
    • 7.2 二つのコイルの直列接続
    • 7.3 相互誘導結合
    • 演習問題
  • 8.ひずみ波交流
    • 8.1 ひずみ波交流の定義
    • 8.2 ひずみ波交流の電力
    • 8.3 ひずみ波交流の波形率,波高率,ひずみ率
    • 8.4 ひずみ波交流のフーリエ級数展開
    • 8.5 特殊波形のフーリエ級数の簡易展開
    • 演習問題
  • 9.過渡現象
    • 9.1 定常状態と過渡状態
    • 9.2 RL直列直流回路
    • 9.3 RC直列直流回路(充電)
    • 9.4 RC直列直流回路(放電)
    • 9.5 RC直列方形波パルス回路
    • 9.6 RC直列交流回路
    • 9.7 LC直列直流回路
    • 9.8 RLC直列直流回路
    • 演習問題
  • 10.三相交流
    • 10.1 対称三相交流
    • 10.2 非対称三相交流
    • 10.3 二電力計法による三相電力の計測
    • 10.4 回転磁界
    • 演習問題
  • 11.一端子対回路
    • 11.1 一端子対回路
    • 11.2 一端子対回路の周波数特性と共振現象
    • 11.3 リアクタンス一端子対回路
    • 11.4 リアクタンス一端子対回路の合成
    • 演習問題
  • 12.二端子対回路
    • 12.1 二端子対回路
    • 12.2 アドミタンス行列(Y行列)
    • 12.3 インピーダンス行列(Z行列)
    • 12.4 ハイブリッド行列,並直列行列
    • 12.5 四端子行列(F行列,縦続行列)
    • 12.6 Y,Z,H,G,Fパラメータ間の変換
    • 12.7 二端子対回路の縦続接続
    • 12.8 二端子対回路の並列接続,直列接続,直並列接続,並直列接続
    • 演習問題
  • 13.分布定数回路
    • 13.1 基礎方程式
    • 13.2 インピーダンス
    • 13.3 反射係数と電圧定在波比
    • 13.4 分布定数回路の整合条件
    • 13.5 スミスチャートの原理と応用
    • 演習問題