サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

目次

  • 序論
    • 一 和学と国学
    • 二 上方和学という問題
    • 三 上田秋成の時代
    • 四 本書の構成
  • 第一部 上方和学史への試み
  • 第一章 礪波今道と上方の和学者たち
    • はじめに
    • 一 礪波今道伝の検討
    • 二 稲掛茂穂(本居大平)の二度の上洛
    • 三 内池益謙と川口好和
    • 四 上方和学者たちの書物交流
    • おわりに
  • 第二章 上方の真淵門
    • はじめに
    • 一 荷田信郷と龍草廬
    • 二 加藤宇万伎と上方県門の形成
    • 三 上田秋成と上方の真淵書出版
    • おわりに
  • 第三章 荷田春満と荷田信郷
    • はじめに
    • 一 信郷の春満歌会復興
    • 二 万葉書きと羽倉風
    • 三 信郷と羽倉家の詩歌
    • 四 十八世紀後半の上方雅壇における契沖と春満
    • おわりに
  • 第二部 上田秋成の和学
  • 第一章 『土佐日記解』の成立
    • はじめに
    • 一 加藤宇万伎の『土佐日記』注釈
    • 二 秋成本甲と越智魚臣書入本
    • 三 秋成本甲の成立過程
    • 四 秋成本乙自筆本三種の位置
    • 五 『土佐日記解』享受の諸相
    • おわりに
  • 第二章 秋成の校訂−『土佐日記解』自筆本三種を中心に−
    • はじめに
    • 一 秋成本乙自筆本三種
    • 二 秋成本乙における秋成の校訂態度
    • おわりに
  • 第三章 秋成と『土佐日記』
    • はじめに
    • 一 「海賊」の生成
    • 二 『土佐日記解』の影
    • 三 「めゝしさ」と俳諧
    • 四 「海賊」と『土佐日記』一月二十一日条
    • おわりに
  • 第四章 秋成と好古−天明・寛政期を中心に−
    • はじめに
    • 一 天明四年の秋成と宣長
    • 二 「文献的ニヒリズム」の成立(その一)
    • 三 「文献的ニヒリズム」の成立(その二)
    • 四 藤貞幹の影
    • 五 天明回祿から寛政改元へ
    • 六 「聞しらぬ昔のことゞも」
    • おわりに
  • 第三部 上方和学者研究
  • 第一章 荷田信郷の雅交
    • はじめに
    • 一 荷田信郷伝の再検討
    • 二 荷田信郷の著述
    • 三 『間斎漫吟』の出版と信郷の詩歌
    • 四 東丸神社所蔵漢詩詠藻群に見る十八世紀後期上方雅壇
    • おわりに
  • 第二章 池永秦良と大坂書林−『万葉集見安補正』の変遷−
    • はじめに
    • 一 天明期−書肆兼著述家としての出発−
    • 二 寛政期−晩年までの著述・出版活動−
    • 三 宣英堂奈良屋長兵衛の蔵板目録
    • 四 『万葉集見安補正』出版をめぐる秦良・秋成・宣英堂
    • おわりに
  • 第三章 秋成門下越智魚臣とその周辺
    • はじめに
    • 一 越智魚臣とは誰か
    • 二 和学書の筆写と享受
    • 三 魚臣旧蔵書群に関する諸問題
    • 四 宣長との接点
    • 五 秋成門と宣長門
    • おわりに
  • 第四章 橋本経亮の蒐集活動
    • はじめに
    • 一 橋本経亮について
    • 二 『香果遺診』をめぐって
    • 三 東寺百合文書調査と藤貞幹・松平定信
    • 四 『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』・『法隆寺宝物図』奉納と上方文壇
    • 五 享和元年の江戸下向と田安宗武
    • おわりに
  • 第五章 礪波今道年譜稿
  • 資料編
    • 『香果遺珍目録』翻印と影印