サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • 第1章 調査研究Ⅰ GPA制度を全学統一基準で導入した大学におけるGPA
    • 1−1 はじめに
    • 1−2 本章の目的
    • 1−3 方法
    • 1−4 結果と考察
    • 1−5 まとめ
  • 第2章 GPA制度の導入にあたって
    • 2−1 はじめに
    • 2−2 いま、なぜGPAなのか、GPA制度導入の背景
    • 2−3 GPAに対する批判的見解や誤解含みの説明を超えて
    • 2−4 GPA制度導入にあたり解決すべき問題とその解消
    • 2−5 functional GPAの効能
    • 2−6 機能するGPAの効能発揮を側面から支える付帯的な整備課題
  • 第3章 調査研究Ⅱ GPA制度に関連する国際調査
    • 3−1 はじめに
    • 3−2 方法
    • 3−3 結果と考察
    • 3−4 結語
  • 第4章 学修情報ネットワークシステム(alagin)の概要
    • 4−1 はじめに
    • 4−2 alaginが表出する個々の学生の学修状況に関する情報の例
    • 4−3 alaginによって可能になることと今後の課題
  • 第5章 講演録 GPA制度の活用
    • 5−1 はじめに
    • 5−2 GPA制度登場の背景
    • 5−3 「厳格な成績評価」
    • 5−4 GPAの諸効能と革新性
    • 5−5 単位と成績の乖離
    • 5−6 単位の意味の実質化
    • 5−7 GPA制度においてあらわれる学修特性
    • 5−8 成績評価とは
    • 5−9 成績評価の点検
    • 5−10 日本のGPA制度が孕んでいる根源的問題
    • 5−11 成績と単位、二元化の背景
    • 5−12 堅牢にして柔軟、かつ継承性のある成績評価システム
    • 5−13 ファンクショナルGPA
    • 5−14 GPAと単位の意味の実質化
    • 5−15 「教育成果の質保証」として
    • 5−16 絶対的相対評価法
    • 5−17 絶対的相対評価の例
    • 5−18 国際通用性をもった成績評価制度として、今後の展望
    • 5−19 質疑応答