サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 性が語る
  • 第Ⅰ部 ジェンダー化する近代
  • 第一章 電話する女たち
    • 1 声の沼、声のナルシズム
    • 2 不透明な電話線
    • 3 電話交換手という存在
    • 4 交換手の素顔
    • 5 〈電話する女〉と〈電話を聞く女〉
  • 第二章 ヒステリーの時代
    • 1 ルチア、あるいは高き声
    • 2 ヒステリーの時代と『或る女』
    • 3 ヒステリー小説群
    • 4 『或る女』のマッド・シーン
  • 第三章 戦争と〈女の感受性〉
    • 1 一九四二年という年
    • 2 「君死にたまふことなかれ」の波紋
    • 3 「君死にたまふことなかれ」はなぜ危険なのか
  • 第四章 少国民たちの夢と欲望
    • 1 『週刊少国民』の成立とその性格
    • 2 大正期自由主義との切断/連続
    • 3 詩の言葉とヴィジュアリティ
  • 第Ⅱ部 日本という身体
  • 第一章 浦島のゆくえ
    • 1 〈日本回帰〉と文明開化
    • 2 ハーンの日本回帰と女性的なるもの
    • 3 〈「青猫」以後〉と文明開化
    • 4 〈「青猫」以後〉と交通の不可能性
    • 5 日本回帰と〈フェミニズム〉
    • 6 伊東静雄の場合
    • 7 ハーンと〈日本の女性〉
    • 8 ハーンの亡霊と一九四〇年代
  • 第二章 萩原朔太郎の性と病性
    • 1 反規範としての病性
    • 2 〈懺悔〉と進化論
    • 3 身体表象と解剖学的視線
  • 第Ⅲ部 植民地主義と声、あるいは書くこと
  • 第一章 みずからの声を翻訳する
    • 1 みずからの声を翻訳すること
    • 2 オリエンタリズム/オクシデンタリズムの二重性
    • 3 『アイヌ物語』と『あいぬ物語』
    • 4 翻訳と表記
    • 5 囲い込まれる声
    • 6 『アイヌ神謡集』におけるローマ字表記
  • 第二章 怠惰とコキュ
    • 1 モダニズム
    • 2 二重性を生きる李箱
    • 3 李箱詩と〈抵抗〉
    • 4 李箱文学における〈怠惰〉
    • 5 パリの〈コキュ〉
    • 6 飛ぶ李箱
  • 第Ⅳ部 性的身体としての語り
  • 第一章 身体創造とユートピア
    • 1 『金色の死』の序
    • 2 「父となりて」をどう読むか
    • 3 〈呪われた作者〉と〈醜い我が子〉
    • 4 作者にして作品
    • 5 裸体主義と優生思想
    • 6 〈模範夫婦〉
  • 第二章 『痴人の愛』の私
    • 1 『痴人の愛』の一人称語り
    • 2 見る〈私〉/見られる〈私〉
    • 3 モダン都市のなかの〈私〉
    • 4 〈私〉から〈譲治〉へ
  • 第三章 〈彼女の物語〉をさがして
    • 1 語りと視線
    • 2 焦点化と多声法
    • 3 物語群の織物としての物語
    • 4 語り手のいる場所
    • 5 〈彼女の物語〉をさがして
  • 第四章 男もすなる
    • 1 日記文学という領域
    • 2 欲望生成システム
    • 3 〈日記戦争〉
    • 4 『鍵』における性の闘争
  • 第五章 子を産まぬ母
    • 1 作家神話の呪縛
    • 2 ポルノグラフィ的欲望の在所
    • 3 子を産まぬ母
  • 第Ⅴ部 女の声を盗む
  • 第一章 語る女たちに耳傾けて
    • l 語り手の性差
    • 2 女性独白体という領域
    • 3 狂気語りと書く女
  • 第二章 女の声を盗む
    • 1 消費される〈女生徒〉
    • 2 太宰治の女性独白体小説
    • 3 「女生徒」と『有明淑の日記』
    • 4 剽窃か模倣か
    • 5 〈書くこと〉をめぐる闘争
  • 第三章 作者の決闘
    • 1 奇妙なテクスト「女の決闘」
    • 2 「女の決闘」における〈翻案〉と〈パロディ〉
    • 3 批評としての翻訳
    • 4 翻訳を翻案すること
  • 第四章 切断と連続
    • 1 写真の中の〈明るい天皇〉
    • 2 『斜陽』における天皇の写真
    • 3 〈人間宣言〉における切断/連続
    • 4 切断と連続−敗戦をまたぐ『斜陽』
    • 5 〈戦後〉の聖母子像
  • 第Ⅵ部 女が書く/男が書く
  • 第一章 性の非対称
    • 1 マゾヒズムとパッション
    • 2 理解不可能性としての〈性〉
    • 3 性の非対称
  • 第二章 〈あのれきしあ〉は語る
    • 1 女性ジェンダーと〈食べる〉こと
    • 2 食文化を映す小説
    • 3 癒しから遠く離れて
  • 第Ⅶ部 現代詩と女の身体
  • 第一章 伊藤比呂美という詩人
    • 1 伊藤比呂美と一九八〇年代
    • 2 詩のトポスとフェミニズム
    • 3 詩人としての活動
  • 第二章 伊藤比呂美初期詩論
    • 1 〈個〉から〈種〉へ
    • 2 声と言葉の間
    • 3 毛抜きと帰化植物
    • 4 〈食べる〉ことと性
    • 5 詩「Ç考」がひらいたもの
    • 6 〈意味〉をのがれて
  • 第三章 『テリトリー論2』
    • 1 一九八○年代の〈女性詩〉
    • 2 〈産む性〉と〈産まぬ性〉
    • 3 散文スタイルの問題
    • 4 対話とポリフォニー
  • 第四章 『テリトリー論1』
    • 1 共同制作としての詩集
    • 2 写真とアウラ
    • 3 〈父〉を書くこと
    • 4 写真との格闘と対話
    • 5 母系世界と言葉
    • 6 〈照葉樹林文化〉の批評性
    • 7 引用とミニマリズム
  • 第五章 『テリトリー論』以後
    • 1 死と殺生
    • 2 〈声〉をいとおしむ
    • 3 老いと死を凝視める