サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

資本蓄積論の再構築

資本蓄積論の再構築

  • 宅和 公志(著)
  • 第1章 一般的な経済体系の構図:実物現象と金融現象
    • はじめに
    • Ⅰ 『一般理論』における「一般的な経済体系の構図」
    • Ⅱ 構図の内容と解釈
    • Ⅲ 資本、貨幣、債券
    • Ⅳ 投資市場(証券市場)の功罪
    • Ⅴ 本書の課題に向けて
  • 第2章 貨幣経済の理論から長期理論へ
    • はじめに
    • Ⅰ 『一般理論』の雇用関数−個別と全体
    • Ⅱ 貨幣経済の理論
    • Ⅲ 賃金単位と費用単位の関係および両者の変化
    • Ⅳ 長期理論に向けて
    • Ⅴ 資本蓄積論への覚書
  • 第3章 ロビンソン『資本蓄積論』に関するノート(1):構想と仮定
    • はじめに
    • Ⅰ 若干の用語と概念について
    • Ⅱ 分析のための予備的考察
    • Ⅲ 資本蓄積論の構想
  • 第4章 ロビンソン『資本蓄積論』に関するノート(2):分析の中枢
    • はじめに
    • Ⅰ 資本蓄積論−技術、資本、労働
    • Ⅱ 資本蓄積論−移行過程、余剰労働
    • Ⅲ 技術進歩と蓄積
    • Ⅳ 資本蓄積論を顧みて
  • 第5章 ロビンソン『資本蓄積論』に関するノート(3):メモランダムなど
    • はじめに
    • Ⅰ メモランダム
    • Ⅱ 貨幣経済の理論との関係
    • Ⅲ 資本蓄積論と金融現象
    • Ⅳ 一応の結び
  • 第6章 金融の現実、投機的動機(speculative‐motive)、資本概念の錯綜
    • はじめに
    • Ⅰ 金融の現実
    • Ⅱ 資本概念の錯綜
    • Ⅲ 『一般理論』における資本概念
    • Ⅳ 資本概念の整理
    • Ⅴ 課題の集約
  • 第7章 利子論の考察
    • はじめに
    • Ⅰ 利子率の現実と構造的把握
    • Ⅱ 利子論の現状
    • Ⅲ 本番の立場−利潤と利子
    • Ⅳ ケインズ利子論の要所と整理
    • Ⅴ 若干の敷衍−金融準備、投機的動機、バブル障壁など
    • Ⅵ 発想の転換
  • 第8章 普遍的な労働単位の仮説:労働価値説・再考
    • はじめに
    • Ⅰ 問題提起−「普遍的な労働単位」の仮説
    • Ⅱ 社会的・平均的労働
    • Ⅲ 賃金単位の詳細
    • Ⅳ 労働時間
    • Ⅴ 人間労働の範囲と拡がり
    • Ⅵ 資本蓄積論の課題
  • 第9章 人間の移動と資本蓄積:日本の歴史を顧みて
    • はじめに
    • Ⅰ 人間の移動
    • Ⅱ 古代における人間の移動
    • Ⅲ 中世の北方交易、和人、アイヌ
    • Ⅳ 倭寇、人身売買、日本人町
    • Ⅴ 明治以降の労働移動
    • Ⅵ 一応の結び
    • 〈補論〉
  • 第10章 社会変革のヴィジョン:社会主義と個人主義
    • はじめに
    • Ⅰ 理念とヴィジョン
    • Ⅱ 資本主義の変革−プロセスと課題
    • Ⅲ 自省と雑感
  • 第11章 資本蓄積論の再構築
    • はじめに
    • Ⅰ 理論的枠組みと世界認識
    • Ⅱ 資本主義的生産と外部的市場
    • Ⅲ 蓄積衝動と制約条件
    • Ⅳ 総括−「資本+労働→産出物」に寄せて