サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

個人責任と国家責任

個人責任と国家責任

  • 安藤 泰子(著)
  • 第一章 国際刑法における普遍的管轄権に関する考察
    • 第一節 戦争観の変遷
    • 第二節 普遍的管轄権に関する考察
    • 第三節 国際社会全体に対する法益侵害
    • 第四節 ベルギー人道法における普遍的管轄権概念の変容
    • 第五節 重大な国際犯罪
  • 第二章 「侵略犯罪」再考一
    • 第一節 国際刑法の発展と侵略犯罪
    • 第二節 問題の所在
    • 第三節 国際刑事裁判所と国際連合との関係
    • 第四節 ローマ外交会議
    • 第五節 ローマ外交会議以降
    • 第六節 考察
    • 第七節 国際刑法規範の定立化
  • 第三章 「侵略犯罪」再考二
    • 第一節 ローマ外交会議における管轄権に関する議論
    • 第二節 カンパラ検討会議における改正
    • 第三節 評価
    • 第四節 決議三三一四
    • 第五節 戦争違法観と平和に対する罪
  • 第四章 「侵略犯罪」再考三
    • 第一節 犯罪構成要件の明文化
    • 第二節 改正規程における侵略犯罪の犯罪構成要件
    • 第三節 考察
  • 第五章 個人責任と国家責任
    • 第一節 個人責任の原点
    • 第二節 「平和に対する罪」の生長とその史的展開
    • 第三節 国際犯罪
    • 第四節 国家責任