サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 沈黙と誤解から理解へ
    • 第一節 出発点−『華麗島文学志』をめぐる沈黙
    • 第二節 先行研究の検討−『華麗島文学志』をめぐる誤解
    • 第三節 本研究の課題と方法−『華麗島文学志』の理解に向けて
    • 第四節 本書の構成
  • 第一章 『華麗島文学志』読解の手がかりとして
    • 第一節 比較文学への入り口−「『比較文学雑誌』の読み方」
    • 第二節 両大戦間におけるフランス『比較文学雑誌』の意義
    • 第三節 一九三〇年代における「比較文学」の受容
  • 第二章 『華麗島文学志』の誕生
    • 第一節 出発点−「南島文学志」
    • 第二節 『華麗島文学志』とは何か
    • 第三節 「台湾文学」の消失と発見
    • 第四節 「植民地文学」から「外地文学」へ
  • 第三章 『華麗島文学志』とその時代
    • 第一節 『華麗島文学志』とその時代
    • 第二節 郷土化
    • 第三節 戦争
    • 第四節 南進化
  • 第四章 「外地文学論」の形成過程
    • 第一節 郷土主義文学・比較文学・外地文学
    • 第二節 フランスの植民地文学研究
    • 第三節 外地文学の課題
    • 第四節 『華麗島文学志』のエグゾティスム
    • 第五節 植民地の真実とレアリスム
  • 第五章 四〇年代台湾文壇における『華麗島文学志』
    • 第一節 台湾文壇の再編成
    • 第二節 「台湾の文学的過現未」再読
    • 第三節 「エグゾティスム」批判と「レアリスム」の提唱
    • 第四節 「台湾文学」の定義と「文学史」観をめぐる議論
  • 第六章 太平洋戦争前夜の島田謹二
    • 第一節 作家研究の確立
    • 第二節 明治ナショナリズム研究の淵源
    • 第三節 「郷愁」の行方
    • 第四節 植民地の比較文学
  • 終章 二つの文学史における『華麗島文学志』の意義
    • 第一節 日本近代比較文学史における『華麗島文学志』の意義
    • 第二節 台湾文学史における『華麗島文学志』の意義
    • 第三節 比較文学の可能性