サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

近代小説の表現機構

近代小説の表現機構

  • 安藤 宏(著)
  • はじめに−「表現機構」とは何か
  • 第Ⅰ部
  • 第一章 「小説家」という機構
  • 第二章 「言文一致」のよそおい
  • 第三章 一人称の近代
  • 第四章 「個人主義」という幻想
  • 第五章 反照装置としての「自然」
  • 第六章 表現機構としての「文壇」
  • 第七章 「私小説」とは何か
  • 第八章 自意識と「死」の形象
  • 第九章 交差する「自己」
  • 第Ⅱ部
  • 第一章 森鷗外『舞姫』−“重霧の間”にあるもの
  • 第二章 泉鏡花『高野聖』−三つの一人称
  • 第三章 田山花袋『蒲団』−共犯する語り
  • 第四章 森鷗外『雁』−ロマンの生成
  • 第五章 志賀直哉『和解』−〈不愉快〉と〈調和〉
  • 第六章 有島武郎『カインの末裔』−「自然」と「社会」
  • 第七章 芥川龍之介『舞踏会』−まなざしの交錯
  • 第八章 牧野信一『鱗雲』−夢の自律するとき
  • 第九章 井伏鱒二の初期一人称小説−〈アンコンシアスネス〉であるということ
  • 第十章 小林秀雄『新人Xへ』−「小説」の論理と「批評」の論理
  • 第十一章 太宰治『人間失格』−関係への希求
  • 第十二章 埴谷雄高『死霊』−〈自同律の不快〉
  • 第十三章 戦後文学における〈恥〉の形象−自意識と関係性
  • あとがき